真理(マリ)ちゃん。


哲学的/理屈によるてきとー明。

2017/10/23 加筆+修正 正確無比には説明できません不可能です。


最後には理屈が通用しない。

世界について。

@2017年現在、人生は子供を作って育てるだけ。

A世界は怠慢と停滞による絶望の天獄。


B天国に見える牢獄、その名は天獄

C天獄を破壊するための革命はなんでも正統である。

D世界は現在呪われています。

E世界には愚者か愚者の同類しかいません。

F敵か味方か、中立かでみわけること。

G協定は一方的に破棄され、同盟は険悪になると手切れになります。

H世界には退屈が充満するのみ。

I労働ロボット、働く機械でみんないいらしい、相応しい醜態。

J知能が退化しており、みんな危険や道理がわからない。

K平和に服従する愚民、ルールがあればなんでも守れると思い込む夢想家。

Lこの世界は建設途中。

M建設を途中放棄したから人間は権利を自ら放棄した。

N力が無ければ権利は得られず、何かに服従させられる。

O弱い奴が正しいわけがない。

P正しい者は強いから正しい。

Qまかり通ればすべて道理。

R愚民の平和のルールは間違いで、そのルールを神は殺したがる。

S平和の祈りに反応したのは破壊神と死神、厄病神。

○愚者や愚者の同類、愚者の親類を守ると天罰を受けて死亡します。


世界の敵「左翼」と保守思想。

@世界がこうなったのは左翼のせい。

A学校教育も左翼が反映されている。

B左翼は「卑怯?いい響きだ」とか平気で発言します。

C左翼は人類に衰退をもたらす巨悪。

D左翼は本物のサイコパス。

E破壊神のターゲット。

F洗脳が大得意。

G平和教信者。

H保守と左翼は公害、世界的大気汚染。

I保守思想者例外なく全員と左翼は神の天敵。

J保守を救済すると天罰を受けて死亡します。

K保守思想者例外なく全員と左翼は罪人。

L神の名の下に保守左翼を断罪す、汝らに罪あり。

Mスイス連邦共和国は自分達だけ安全ならそれでいいそうです。

Nスイスは魔女が住んでいた地のひとつ、秘密だらけ。


O
左翼の主張は例外無く不当であり、間違い。

P平和とは過剰な安全を求める愚かな思想。


命について。

@命は宇宙を支える光である。

A神様は命すべてを守り自立を促す。

B神様は必要な時、必要なだけ助ける。

Cその場合、その存在が無意味に抑圧され、危機に陥る場面である。

D命は命を知る、理解する。

E生きる意味は、大きな鏡に自分を映してみる、映っている存在がその正体であり、真理である。

F神様は人が自分から離れて自立して欲しい。

G自立のためには頻繁に残忍なこともします。

H修正できなければ人も殺します。


死について。

@死は、生きる意志が強いほど寄り付くのをやめる。

A死はそれを克服されるのを密かに待っているが、内心教えたい。

B死は最後の存在を優しく迎える。

C死は無意味に死のうとする存在を門前払いする。

D死を最初怖がっていても、死期を悟ると、自然に受け入れられ、認めたあと、静かに迎える。

000000000000。

死、自然の摂理が管理。

永遠を持たせないことによって、この世界、宇宙のことを学ばせ、人間として完成させるための法則。

それは「創造神」について気づかせる方法でもあり、人間が絶対的な存在ではないことを早々に理解させ。

子供が持つ、傲慢、憤怒、嫉妬、怠惰、強欲、暴食、色欲、つまり、不敬罪を消失させることにある。

これにより、人間本来の理性が発揮できるようになり。

それは究極の美を生み出し、幸福の種を手当たり次第にばら撒くようになる。

要は子供を大人へ変える仕組み。

完成された人間は寿命を持たない、死ぬことも、そう滅多にない上に

前世の記憶を保持したまま生まれ変わって戻ってくる。

その場合、本人が望まなければ死なない。

不敬罪を理解している者、不敬罪克服に立ち向かう者は殺されないし死なない

以上。


死刑について。

@殺してその罪から救済せよ。

A終焉の場で最期のオーケストラを吹く。

B救済前に次への希望を書いた紙と後悔と贖罪の文章を囚人に書かせる。

C文章は終焉の場で聖火で燃やす。

D終焉の刻、睡眠薬や科学睡眠薬品を使用しても良い。

E殺しての救済には0秒でやるのが義務、一撃で葬る強制義務。

F亡骸は国有地のどこでもいいので埋葬の監視つきで埋める。

G埋葬した場所はわからないようにすること。

H埋葬場所は森林や山奥が強制義務。

I殺しての救済直前、汝を救う、その罪から救おう。

Jまた潔白になりて生まれて戻ってこい、と王言を使用する。

K自然に還すのみ。


再生について。

@人は死ぬと再生の法則の中へたどり着く。

A人にはそれは天国のように見えるが、夢のようにも思える。

B希望を言えば当たり前に通るが、人間目線では希望通りとは思えないこともある。

C大金持ちがいい!と言ったとすると、一般家庭に生まれる、その後出世して若いうちに大富豪、とかも。

D人間的なレベル、性質、本質はいつまでも受け継がれる、レベルは当たり前に上がる。

E人間はいつまでも人間のまま、ただし可能であれば、動物だけは別の種族になることもある。

F性別は魂の性質で決定されるが、そちら寄りの傾向になるだけで、男3女7の回数結果にもよくなる。

G記憶は無いというより、ブラックボックスに格納される、解き方が分かれば解放可能。

重要なものだけ残ってる、一定のレベルに達すると徐々に開放される。

H落第生は、別の惑星に飛ばされる、原始時代からやり直し、とっておいてもしょうがない。

Iその人が成するまで続行される。

J自分に都合が良い用に出生が自動調整されることもある。

K生きる!とかは生への執着、無くなると身軽、良い意味で気を緩める。

Lその場合、死へ向かわない、ただ心の重荷が取れるだけ。

M再生とは、そのものが生きながら、別の存在になることもある。

N天国は無い、この世界が本物。

O無理にでもこの世界に「戻される」のが本質。

P再生/出生は出たとこ勝負

Q出生した瞬間に呪いなどで環境汚染されることも多い。

R出生は根源的な偽神が決めることが多い。

S根源的な偽神とは「平和」という名の偽神。

〇自分の為に産まれてくる。

○自分の為に生きる。


遺伝子について。

@遺伝子とは言っても、肉体的変化は無い、性質通りの体が生成される。

Aただし、両親の素晴らしい点は取り入れられる、矛盾がないように採用される。

B先祖霊は本来いない、いた場合、法律が無いようなものなので、好き放題で滅茶苦茶。

C家という法則がその家を成立させる、無意味に崩壊したりはしない。

D再生の法則から、許可が得られた場合のみ、先祖に相当する人がアドバイスを行うことができる。

E先祖という概念は、死者の呪いであり、子孫とやらを縛る呪縛である。

F死人達すべての考え、愚かな思想、行動の善悪、それらに感化される。

Gむやみやたらに子供を求める、子供が無ければ無能。

H子供を崇拝するのは偶像崇拝の最たる物であり、人間のやることではない。

I夫婦自体、目的が一致せず、無力。

J魂と体を分けて考えるのは、解釈するのは無理がある。

K魂が体、体が魂であり、人間が解釈を試みるのには無理がありすぎる。

Lとは言っても、死亡すると、魂と体が別れるが、ここまで来ると、解釈が不可能なのが理解できる。

M人間の、生き物の体は命であり、その体でこの世界に存在する、生きるのが普通であり、自然である。

N人は自然に身を任せた時、初めて生、生きるということを悟り、生に対しての疑念という概念が消え去る。

  それは理屈で説明を試みるのには不可能を超越したものである。

O遺伝子とは、生体識別コード、自然に親族は合う、だが違う、DNAトラップ。

PDNAが、子孫がなんだというのはトラップ、罠、ハメ殺しに引っかかった。

QDNAコードは「000000000000」自分で書き換えられます。

R動物たちは巣立つとお互い他人、親は自己犠牲役のボランティア。

S子だ孫だ親だとか執着するのは醜い人間だけ。

○遺伝子は相互性があるのみ。


違法ルールについて。

@子孫は先祖に無意味に感謝しなさいとの違反。

A必ず結婚して子孫を残しなさいとの弾圧。

B序列絶対主義、上が雑魚でも従えとの暴力。

C以上のルールに従わない者は弾圧するという管理。

D集団に従えという保守思想。

Eみんなと同じことをやって同じになれとの保守思想。

F戦争反対とかいう子供の理屈。

G学校で保守思想も教えられるので感化されないように注意。

H産まれて生きて結婚して老いて死ぬとかいう残酷な解釈は危険。

I義務や強制には従わない選択も可能、抜け道もりだくさん。

J家そのものの思想に用心、度々危険なもの。


人間について。

@その人によって世界の見方が変わるが、必ずしも正解ではない。

A相手の矛盾に気づいた時点でその人は相手より格上。

B人間的なレベルは年齢に依存しない。

C人間の体は完璧に出来ている。

D人間の脳は、コンピューターと比較するのは不適切、泥玉と太陽を比べようとするくらいなもの。

E恋愛は感動とうっとり感が合わさったもの、女性は気をつけると良いが、10代で一度経験すると後が楽。

F養えないのに子供を産むのは確かに低俗、結果が良ければ問題は無い。

G性的な奴隷と化した者は品性がまるで無く、それを求めるのは絶望的である、が、存在に意味も無くなる。

H1度文明化した後の戦争は常に正義VS悪の構図である、全面反対の目の付け所が理解できない。

I死が存在する環境下では、永遠というものは存在できない、家も最後には途絶える運命を背負う。

J夫婦同士の性なら合法でモラル的、なら、その空想とやらも相手を夫婦か、近いものにしてみては?

Kはっきり言って、女性の方が能力は遥かに高い。

L女性は芸術、文学に特筆すべき長所を備える、男性は全体的に仕事師。

M女性は知性の使い方を大体知らないが、男性が教えてやると花開く。

N駆け引きは男性の専門分野、
思慮深いので、冷静かつ忍耐がある。

O老人が全て経験豊富だとは限らないが、その反対にきれものの手本も存在する。

P学校の思想染みた教育は改良も良いが、非凡コースでも裏で設けるのもいいとは思う。

Qよく晴れた日に大きな木の下に入り、上を長時間見上げる、見るより感じる、自然というものがすぐわかる。

R動物を見るとこの世界のことがよくわかる、スズメはいつも楽しそうに、グループを変えては友達同士にこにこ。

S子供から学ぶことも多い、少年も時には正しい事を言う、大人は身の振り方で教えるべし。


神様について。

@神様は祟らない、そういう概念すらない。

A厳しいのは低俗な罪人だけ。

B基本的に傍観、無意味に助けない、私立小学校の試験を大学生がするわけないから。

C神社にお願いすると、ご助力を得られるが、真剣に求めた場合のみに限る。

D500円でも1万円入れられようが、気にするわけない、気にするのは管理人の神主さんのみ。

E礼儀作法は型通りでなくてもよいが、敬意があればなんでもオリジナルでも良い。

F真剣に求めた人に対してはものすごく優しい。

G何か意味があって神社に来るのは有意義、そのうち何か悟る。

H地区毎に神社があり、縁の神社はひとそれぞれ存在する。

I祈りに神様や自然の法則は敏感に反応、完璧な手段で応える、いつの間にかなんとかなっている。

J日本酒を自分でつくって奉納するのは大吉、甘酒でも良い、気持ちが大事、気持ちりに。

K神社で「自分がやる前提」でお願いするとなんでも叶う、本当になんでも。


住職について。

@無神論はやめましょう。

A先祖代々造りあげた世界を俗世間などと比喩するのは俗の証。

B住職は人という存在を知りたい。

C修行で得られた経験の中から、役に立つものは世の人に有益。

Dそんな尊い存在が金ぴかの祭壇を好むとは思えない。

Eお坊さんがやっていけるのは存在に意味が大いにあるからである。

F説くより行動すると、功徳を積める、ミャンマーの自己満足には注意せよ。

G仏は元は人間、ただし修行して愚かさを克服している。

H悟りは武術でいう免許皆伝のこと。

I近年登場したきみまろモドキの住職はスター。

J先祖は修行もせずに仏を名乗って釈迦を汚している。

K先祖は神では無い。

L感情に流されるようでは修行不足。

M最近の僧侶は修行不足が深刻。

Nお寺は病院でもある。

O仏教は心の病院


呪いについて。

@古い消費期限切れで腐敗した価値観を引きづる、もっとも典型的な呪い。

Aそれが受け継がれ、破壊しないから世の人も腐敗して異臭を放つ。

B腐敗した考えに汚染される、だから、天才とかの、単純な正体に気づかない。

C抑圧の呪い、無能な者達が、支配者等に浴びせた苦情、まだ生きている。

D才能者とかいうのを無視するように、その呪いは抑圧する。

Eそれによって、全員が敗北する、あなたもそう、自業自得。

Fみんなと同じ絶対主義、という人殺し危険思想のロボット化計画。

G処世術を駆使して、なんとか負けないように立ち回ろうとする弱者理論まで発生。

H常識はもう腐敗して悪臭をはなつ・・・。

I世の中や世界というものは呪われているので、関わらないこと。

J偶像崇拝をすると呪われる。

K偽神を拝むと呪われてしまう。

L偽神を崇拝すると偽神の支配を受ける。


人類の天敵について。

終末論者

@世間を騒がせ、不安や恐怖を煽るのは終末論者である。

Aノストラダムスは世界一の陰謀論者、晩年精神が狂うほどの狂人。

B絶望しか説かない、おぞましい呪いを世間に放つ。

C奴らは自分の道連れが欲しくてたまらない。

Dその様はまさしくキャラクター惨殺ゲームと化したリアル魔法少女まどか☆マギカである。

Eただの狂人なので、見ないほうが目の健康を保てる。

F絶望抜きの解釈をすると、あっけなく秘密を暴露できてしまう。

G捨て駒、生け贄、絶望からパニックになった、ただのアホ。

H
終末論者=山師。

I絶望を説いて生きる気力を奪うのが目的。


テロリスト。

@テロリストは自身の正当性を認めさせたくてたまらない。

A自分たちが正義だと思い込み、勝手に悪だと思った者を惨殺する。

B敵が見えてない惜しい人達。

C敵の正体がわかれば正義と成り得る。

Dその場合、カッコ良くもなる。

Eだが敵味方中立の区別さえもついてない。

Fよって無差別攻撃しかしない大迷惑人状態。

G子供向けアニメでよくある正義の味方なのにね。

H無差別攻撃だけはやめてくれないかな?

Iアラー神の加護が絶対無敵。

J本来は正義の味方だから滅びるわけがない。

K本来無敵に強いので、ご安心あれ。

Lテロリストの敵の正体は保守派全員。

Mテロリストはとにかく保守と左翼を攻撃したいのは見てわかります。

Nアラー神の天敵は保守思想者と左翼だそうです。

Oアラー神に聞いて神託を降ろしてみては?

P犯罪者や凶悪犯を仲間に引き入れられたらけっこう危険!

Q最後にはテロリストが勝利、天下を取るとゲマトリア数秘予測で出ました。

R年々規模と勢力が増大、次は1国を暗殺とかで獲得してきます。

S思想は持論が広まったもの、それを押しつければテロリストに攻撃されてあたりまえ。

〇テロなんて平民が蒔いたタネでしょーが。

〇正々堂々決闘(宣戦布告)を申し込めないのならもはやアラブ/イスラムの戦士では無い。

〇テロリストは不当な政権に対し局地戦を仕掛ける民兵である場合があります。

〇なんか破壊神がテロリスターと一体化してるので気をつけてください(棒読み)。

〇イラク北部プチ聖地の座標がわからない、もしかして取られてるかも。

〇スライマーニーヤかもしれないのでイラク軍は気をつけてください。


infinitycylinder。

イスラエル/神戦(神聖を取り戻す)の意。

約束の地/神とひとつになる者達の居場所を約束された地。

無神論気味と思われるパレスチナではない。

無神論者は居てはいけない地。

十戒「無神論は大罪である、無神論になった者達は罰せられ堕落する。」十戒の本質。

アダムとイブは罪を犯した最初の人間であり、当初アダムとイヴ以外にも人間は確かにいた。

罪を犯さず学んだ人間達がおり、後に人間を逸脱し、高等な知能を獲得した。

恐らく罪人の直系である人間と潔白な神人の直系がおり、現在でも見えざる人種が形成されている。

人格によって判別が可能とされるが、アダムとイブのような罪人直系による無神論者では無い。

潔白な神人は神とひとつになるべく尊い生き方を必ず、存在を確立することに懸命。


Kingdom of Saudi Arabia

○国旗のマークに刀剣、国民に剣術が必須なのでは・・・。

○サウジアラビアはいまだ厳粛に守っているため、メッカ・・・はサウジが有利。

○メッカ・・・なら正式に決闘申し込んで獲得戦争やってください。

〇あのニュースの人気者にイラク北方旧神殿地帯を抑えられているのはたぶん遺憾。

〇現トルコはパワーアップできます。

○現イスラエルもパワーアップします。

〇パレスチナは主張だけわめいているので極めて遺憾。

〇パレスチナは正式に決闘を申し込まないので子供と罵られてます。

○中東国のほとんどは上流の川に細工して失敗して干からびてます。

〇人々の生きる気力を無くした辺りで狂って謀反でいろいろ滅んでます。

〇その時が原因で、草原と湿地帯と湖がすべて枯れました。

〇エジプトも、もとは草原が多い。

〇ピラミッドくらい、いにしえの職人ならつくれます。

〇鉄の工具で石くらい難なく加工でき、天才級を集めて10年足らずで組み立てました。

○あの石はもしかして煉瓦みたいだけど比べものにならない素材かも。

〇石のカッターを押し当て、杭を撃つように中ハンマーで叩く、のを超越したりも。

〇王は民に才知と力を与えるのを忘れた。

〇残念なことに、それによって気力が無くなって謀反で終焉。

〇王の墓に無断で侵入するなー。

〇財宝が人類の宝として博物館に置かれたからまあよし、とのこと。


スピリチュアリスト。

@存在、人間としての弱さ故に力を追い求めて止まない。

A善を謡うのは、自身の弱さを認めたくないからである。

Bあまりの弱さによって、抑圧されると、弱さではなく善人だからで片づけて逃げ場をつくる。

C弱さではなく、善人ですので、こうなっているんです!w」という自殺の言い訳。

D霊能者=幽霊である、霊が能、霊が能者、言葉に真実が隠れ、正体を打ち砕く。

E近年同士打ちがひどい、霊能者の隣には、本物の悪霊が数体。

Fスピリチュアリストは霊能者の眷属。

G全員が魔術師の連中です。

H単なる愚者、つまり夢想家。

Iスピリチュア知識とやらに絶望抜きの解釈をすると事実が見えるだけのお粗末。

J結局霊的世界勧誘現象とか言って全員を死に急がせたいだけ。

K自殺を推薦してくる危険思想な奴ら。

L信仰宗教と同じく危険な思想家。


魔術師、占術(占い師)。

@人の未来を勝手に診断して決定を下す。

Aひどいことに、被害者は妄信して、ある程度はその通りにされる。

B当たりそうな事を言う、万人に当てはまることを言えば当たるに決まってる。

C真面目に占うと絶対に外れる。

D最悪な心理学を駆使する、狡猾さを持つ。

Eやっていることは神様の真似事である。

F洗脳術がとんでもない、奇術で力押ししてくるので危険。

G妄想家を襲って家来にすることに成功、妄想家、陰謀論者自身は洗脳されている。

H終末思想、全員を霊にしようと試みたことがあるが、皆殺しに遇う。

I信仰宗教として現存、邪教であり、悪魔崇拝がモットー。

Jオカルト集団であり、処世術がうまいうまい。
 
 処世術とオカルトを融合させた「霊術」を駆使して、おどかす。

K妄想家、陰謀論者、週末論者を洗脳して手駒にした。


L未来確定論でいろいろ従わるのが目的なだけ。

M信仰宗教の教祖に魔術師はわんさか、気持ち悪いので見ないように。

N占術は魔術で占い師も魔術師です。


サイコパス。

@正論で必死に説得してきます。

A善悪を振りかざして服従させたがります。

B問題や攻撃は正当でも関係なく葬ろうとします。


C必ず集団で対抗して1対1では来ません。


Dやたらにみんなのためとか、みんなを引き合いに出します。


E否定ばかりして、聞き分けがなく、こちらの主張は無視してきます。


F怒ると異常に興奮し過ぎで話し合いになりません。

G左翼とその同類に多く、世界に同類はわんさかいます。


H自分が正しいと主張を押し付け、ルールだからと丸め込もうとします。


I保守思想者こそサイコパシィで保守は最後にはみんなこうなります。

これらが完全悪で。


一見は善良市民とかに見える。

本物のサイコパスです。

本物のサイコは善人に見えます。

善人がサイコと判断すれば間違いありません。

死神が殺意のままに刈り取る完全悪。

こいつらを生き物として扱うと神に殺されます。


妄想家、陰謀論者。

@根底には巨大な野心が存在。

A絶対的な存在になりたがる、特に王様が趣味。

Bライバル、邪魔になる存在を蹴落とそうとした結果、考えすぎで解釈が歪む。

C一応は人間が一番好む、正義の心はあるので、戦おうとする。

D解釈が歪んでいるせいで、汚い事しか言えなくなる。

E結果的に、反社会勢力として成立する。

F被害者に潜むのは向上心であり、野心ではない、いい意味での野心家で正解。

G師と仰ぐもの、参考にする者は選ばなければこうなるという警鐘である。

H被害者に限って、博学になることが多く、IQバカなど取るに足らなく成り得る。

I被害者の目線は「汚いもの」に向くように調教されているが、向く場所を変えると別人別格。

J正体は単なる愚者が博学になっただけのもの、単純明快。

K残念ですが、魔術師に洗脳されて、捨て駒にされているという残念なオチ。

L市民クーデターを企てて、市民に政権を倒させて自分が独裁者になろうと画策。

M独裁者のマイナーチェンジでなんとかしたいらしい。

N偽の世界政府をつくろうともしている。

O軍隊に殺られるのが内定しております。


海賊、盗賊、山賊。

@無ければ奪う、奪えばいいという発想。

A殺してでも奪おうとする、逆らえば奴隷にでもしようとする。

B某漫画、某アニメの海賊の美化は、もうそろそろ限界だと思う、作者も海賊という悪人を擁護。

C実際の海賊は、戦闘ロボットの方がマシなほどのもの。

D無差別虐殺、無差別略奪、海軍3隻に包囲されて犬死。

E伝記に残っているのは、後の世の小説家が味付けしたもの、現実はもっと弱い。

F火矢で焼き殺せるが、そもそも海軍の方が数と錬度の差が圧倒的で、ほぼ毎回海軍の勝利。

G義賊はいたが、民のための蓄えまで盗むので処刑、愚衆のヒーローにして、賢衆の敵。

H自分の幸せを黄金に依存する、進化に失敗した落第生、落ちこぼれ。

I段階以降に失敗した上に、野性がいっさい抜けてないという、最悪のオチ。

J暴走族はそのゴミ的な奴らと両親、周りの奴ら例外なく全員でDQNごっこやってます。

K不良は意外に健全な子が大半、むしろゴミは不良?を批難する愚か者側と言える。

L甘っちょろい平民が大嫌い、貧弱な奴らに厳しい、それ正常。

M自衛隊とか警察官とか消防士とか警備員とか聞くと、やっぱり興味を持つ。

N厳しい所が性に合う戦士気質のご様子、身分は侍、下の者は理解できず。

Oヤクザは店舗を貸したりして生計を立てている様子。

P武闘派なのでやっぱり平民を嫌味嫌う。

Q傭兵にして使うやり方が古来流行った。

Rやられたらお礼としてぶちのめすのはふつうのこと。

S仁義(やさしさと義理)なら昔は自警団だったかもしれない。


秘密の存在。


樹神。

@自然をつかさどる木の神。


A自然破壊した瞬間、連帯責任で断罪する。

B自然から離れると無機質化する。

C自然が無い環境にいると、人間は物化する。





死神。

@引き寄せられてくる。

A神聖なものを汚す者を攻撃。

B病神としても具現化する。

Cもちろん善人も悪人にも襲い掛かる。

D命を怠慢な意味でも危険を無視することにも粗末にすると殺される。

E災難の神。

F法律なんて通用しない。



霊帝。

@愚者を抹消する。

A愚昧をすぐ殺す。

B偶像崇拝者だけを殺す。

C時に凶悪

D通常逃げられない。

E
現象を操作する。

F偶像崇拝者を否定し貶める。

G無神論者だと簡単に殺される。

H法律なんて通用しない。

I法律を捻じ曲げる。

J偶像崇拝があまりに酷いと出現する。


悪魔。

@愚者を殺す存在。

A餌で釣って勧誘し、奴隷にしたあと処刑。

Bじわじわいたぶり、いつの間にか操られ、善でも悪でも死ぬ。

C抑圧が得意な攻撃方法。

D抑圧は最後に結果として気づくだけ。

E法律をいじくってもて遊ぶ。


秘密の存在は絶対無敵であり、倒せるという概念は無い。


賢者について。

魔女。


@悪を壊すことを趣味とする女性のこと。

A人間の弱点を熟知している。

B不思議な味方がおり、常に優勢を保てる。

C魔女狩りの対象を自動回避しており、現代まで生存している。

D精神感応波を使用し、浴びると精神に影響を受ける。

E精神感応波は制御機構があり、敵となる者は操られ、無自覚の人形と化す。


F真理探究や新しいものを創るのが得意な賢者の娘と。

G実戦特化した魔法少女な娘が存在。

H支援や援護が大好きな母親な娘もいます。

I悪女を嫌み嫌うのでいじめたがるのが魔女共通。

J悪に見えるかもしれない、実際は聡明さが光る才女。

K鍛錬や挑戦を好み、結果かなりの強力さを誇る。


知性について。

@愚か者が見分けられれば頭は悪くない。

A無知とは、知ってはいるがそれを生かせない者への比喩。

B無学とは大学レベルの学術があるのに関わらず、それを生かせない者への比喩。

C賢者とは聡明な智者が真理に辿り着いた際に与えられる勲章。

D聖人とは、自己を犠牲にして道徳を広めた功労者に与えられる賞状。

E正義とは、善にも悪にも属さず、武力を持って愚者を成敗すること。

F暴力とは、自身の「我」を押し通し、それを正当化すること、エゴが根元に必ず存在。

G強さとは、存在の証明度が高いことをいう。

H弱さとは、存在の証明度が低いことをいう。

I善人とは、平穏に執着し、乱すと狂暴化する愚者を極めた姿。

J悪人とは、手段を知らない仕返し野郎のこと。

K天才とは、革命家。

L秀才とは、周りにザコしかいなかったことによる独り勝ちのまぐれ。

M凡人とは、怠慢により何の技能も才能もないザコどものこと。

N大人とは、大人であることに誇りを持ち、大人としての自身を証明する者に与えられる身分。

O子供とは、自身の未熟さに気付かず、それ故に失敗を繰り返し、大人へと向かう生徒。

P真実とは、常に優しい現実を添える、厳しさを兼ね備えた女の娘。

Q真理とは、普遍の法則を説いた女の娘、不機嫌になると超常現象で攻撃してきます。

R真実(マミ)が妹で真理(マリ)が姉です。

〇マミちゃんは気に入らないと攻撃してきます。

〇マリちゃんは聡明な人以外には冷酷です。


叡智について。

@賢さとは、女性の特許にして、新たなものを創造する力の根源。

A愚かとは、堕落した人間の姿、間違った存在、消去して救済される。

B知識は賢さではなく、材料。

CIQとはOSの処理能力のこと。

D成績が良くても堕落者はいっぱい。

E男性は理論的で、行動、実行に関する知性を持つ。

F実行中は最高に上手に立ち回れる。

G女性は新しいものを創りだすことができる。

Hお互いの真似はやめましょう、特に男性が女性の真似をすると危険。

I男性が女性の真似をして必死になったらバグって妄想死したことがある。

J完成された知性は不必要なときにはものを語りません。

Kモノリス。


明確な全員の敵について。

@愚者が真の敵だとはわかりましょうに。

A無理解で自分達以外を否定してきます。

B悪が敵ではなく、むしろ善が敵とまで言えます。

Cやたらに争いを否定し、国の防備まで削ろうとします。

Dルールさえあれば全員を守れると盲信します。

Eもうろく過ぎて、老人に多過ぎ、集団で否定する変態。

F根性が卑怯過ぎて、善悪を持ち出して洗脳してきます。

G平和になっても災いは余計に勢力を持ち、災難は天下を取れます。

H悪人より愚者のほうがよっぽど危険!

I愚者と言われて平気だったり、怒るだけなら愚者決定。

J子供と批難される対象だけれど、知能が無いだけ。

K口グセは「卑怯?いい響きだ・・・」とか言って酔いしれる。

L保守思想の持ち主、世界を汚染している。


生について。

@まず、生が知りたければ子供を見ると良い。

A動物を観察すると、さらによく分かる。

B当たり前を超越し、絶対肯定、絶対支持、恋、真実、とにかく超越、それは生。

C本当の自由を手にした者にとって、この世界は楽園を超越したもの。

D人生はひとりひとり違う、その人自身しかわからない。

E自分どおりの生き方が、自分にとって大正解。

F生きるとは、想いであり、世界に、人に、命に対しての想いそのもの。


宇宙について。

@妙な光を見たら、感じてみる。

Aあの人たちを呼びたければ「友達」を迎える想いで待つ。

B空を見上げ続けると、たまに現れることがある。

Cこの世界は生きとし生けるもの「命」の居場所である。

D命を否定する者は有機物としての扱いを受ける。

E地球は孤児ではない、1700年の学者、アマゾンの源流はこうだ!と同じ、愚かな推測は廃棄。

Fオーロラ以上に美しいものが存在する。

G宇宙「人」と書く事に注意。

H紀元前まえの人類と現代の人類、より知能が進歩、では5300万年後は?

I
宇宙には始まりも終わりもない、またその概念も存在しない。


絆について。

協力関係を築くと、。

絆が生まれ。

親友になります。

男女で親友。

うつくしいのですよ。


絶対的な真理。

この世界はすべて理に適っている。