心霊現象研究(笑)。


神道では墓参りを禁じています。



祖霊信仰って八百万の神々から見れば禁止行為なんですよ。


宗教的行為を強要するのっておかしくありません?

その人の宗教に乗っ取ったことをすればいいので。

あなたは自分の宗教に従えば。

それで正解です。


墓参りが普通と言いましても。

宗教によって見解が違いますので。

自分の信じている宗教に従うのが。

正しい人の有り方なのでは?


神道でもキリスト教でも。

墓参りは禁じられております。

それぞれの宗教に。

それぞれが従えばよいのです。


墓参りは民間信仰では普通です。

墓参りは。

キリスト教では偶像崇拝。

神道では禁止行為。

仏教では美徳。

宗教によって違います。

なら。

それぞれの宗教に従えばよいのです。

民間信仰の人は墓参りをするのがよく。

神道の人は墓参りをしなければ。

よいのです。



結論から言ってしまいますと。

幽霊は。

祖霊信仰が生み出した幻影です。

または。

仏像や地蔵を拝んだ偶像崇拝が生み出した。

幻影です。

幻影が力を持ってしまったのが幽霊です。

幽霊は宗教的な存在ですので。

宗教的な処理をしないと消えません。


当局では科学的な解釈も掲載しております。


人権の法律で「信仰の自由」とあります。

墓参りを強制するのは人権侵害です。


科学的な説明が記載されておりますので。

ご覧ください。

下のほうに埋もれています。



神道では死んだら。

みんな平等に黄泉の国へ招かれて。

そこで暮らします。

仏教では極楽と地獄があるそうですが。

神道では平等に黄泉の国に移動して。

そこで暮らします。

自分から生まれ変わりを希望するまで。

黄泉の国で暮らせます。


黄泉の国へは善人でも悪人でも入れます。

悪人は悪霊になって黄泉の国に住みますが。

全員既に死んでいるので。

悪霊が居ても大丈夫です。

みんな平等に黄泉の国に招かれます。

黄泉の国はイザナミ神が管理していると伝えられています。


キリスト教の葬儀は神に還すやり方です。

キリスト教の葬儀をオススメします。


神道の葬儀もあります。

仏教の葬儀は死者崇拝みたいな感じなので。

死について正しく捉えていません。


仏像を拝むのはキリスト教で言う偶像崇拝です。

浄土真宗では偶像崇拝を禁じていますので。

正しい仏教と言えば浄土真宗でしょう。



墓参りは死者崇拝です。

信仰が無い人にとっては。

死者を崇拝しているに過ぎない。


偶像崇拝は神の律法に背く行為です。

そして墓は偶像です。

祖霊信仰(墓参り、先祖供養)は強制参加で。

親がやらせます。

つまり子供を犯罪者にするのが。

祖霊信仰です。


神では無いものを拝んではいけません。

墓は偶像です。

墓を拝むことは偶像崇拝です。

神ではないものを拝んではいけません。



死者は宗教的に言いますと。

墓には居ません。


幽霊とは。

祖霊信仰か仏崇拝をした人にだけ発生します。

その信仰に適していない人だけ祟られます。


仏像は偶像崇拝です。

ただし。

正しい仏教である浄土真宗は。

偶像崇拝を否定しています。


霊場は呪われた場所で。

宗教的に入るのは禁止です。


幽霊とは死者に触れ合うことで発生します。




祖霊信仰に合わない人は。

幽霊に祟られます。

または先祖に祟られます。

全員が祖霊信仰に合うわけではないので。

祖霊信仰が合わないと思ったら、

神道かキリスト教に入信してください。


仏教に合わない人が仏像や地蔵。

寺を参拝しますと。

仏に祟られます。

仏教に全員が合うワケがないので。

仏教が合わないのでしたら。

仏教に近寄るのはやめて。

神道かキリスト教に行きましょう。


なぜ祟られるのかと言いますと。

仏たちはその人を。

自分たちの仲間ではないと気付いて。

どう対処していいのか分からないためです。



キリスト教での解釈。



↑ほんとうのところ。(科学的解釈)



神道の見解。


結論。

幽霊は宗教的な存在であり。

偶像崇拝から発生する呪いのばけものでした。


幽霊とは。

墓などの偶像には人々が込めた念があります。

墓や偶像を拝むことで人々が込めた念が憑依して。

呪いの化身として現象に現れるものですから。

偶像崇拝が幽霊の出所なのです。

なぜ祟られる人と祟られない人がいるかと言いますと。

人々が込めた念によって偽神が出来上がるのです。

人々に敵対する人や人々に都合が悪いひとは。

偶像に込められた念が牙をむきます。

人々の念の集合体ですから。

人々に都合が悪い人物が偶像を拝めば。

込められた念はその人物を祟るのです。

人々が偶像に込めるものはそのような悪意ですから。

こうして偶像の念は化身として悪霊となり。

人に危害を加えるのです。

偶像礼拝とはこういう仕組みです。



なぜ祟られる人と祟られない人がいるかと言いますと。

宗教的に適合する人はその信仰に正直に従うので。

自分の仲間と見なされて。

祟られないのです。

信仰に適合しなければ。

どこかで従わないので。

どうすればいいか分からなくなって。

祟ってきます。

対処方法が分からないそうです。


心霊現象を起こしているのは偶像の神です。



コリント人への手紙10-14

偶像礼拝を避けなさい。


コリント人への手紙10-18

肉によるイスラエルのことを考えてみなさい。

供え物を食べる者は、祭壇にあずかるではありませんか。

私は何を言おうとしているのでしょう。

(私が言おうとしていることを当ててみなさい。)

偶像の神にささげた肉に。

何か意味があるとか。

偶像の神に真実な意味があるとか。

言おうとしているのでしょうか。

いや、彼らのささげる物は。

神にではなくて悪霊にささげられている。

と言っているのです。

私は、あなたがたに悪霊と交わる者になってもらいたくありません。


解釈。

偶像礼拝により悪霊と交わる者になるのでやめなさい。


悪霊とは?

悪魔に魂を売った死者のことです。


幽霊は宗教的な存在です。


宗教的概念から幽霊を研究した。

レポートでした。


以上。

心霊妄想の研究でした。


おわり。