インデペンデンス・デイ
Independence Day
監督 ローランド・エメリッヒ
脚本 ディーン・デヴリン
ローランド・エメリッヒ
製作 ディーン・デヴリン
製作総指揮 ローランド・エメリッヒ
ウテ・エメリッヒ
ウィリアム・フェイ
出演者 ウィル・スミス
ジェフ・ゴールドブラム
ビル・プルマン
ランディ・クエイド
音楽 デヴィッド・アーノルド
撮影 カール・ウォルター・リンデンローブ
編集 デヴィッド・ブレナー
製作会社 セントロポリス・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 1996年7月2日
1996年12月7日

偽宇宙人のシールド兵器。

飛来するミサイルに電気を発射して破壊するだけ。

戦闘機にも搭載しているが。

恐ろしく電力を浪費するので。

12発のサイドワインダーで追っかけ回せば堕とせる。

あの機銃が当たったら頭がおかしい。

あれレールガン機銃ですよ。

ビームとかレーザーじゃなくて実弾です。

戦闘機くらいなら中規模核ミサイルで殲滅可能。

大規模レーザー爆破って。

地中深くにレールガン撃ち込んで。

核爆弾を起爆しているだけ。

地面伝いに衝撃波攻撃。

世界侵略!ロサンゼルス決戦でもあったけど。

小型ビークルもミサイルを電撃で撃ち落とすので。

誘導爆弾のほうが効果あり。

映画ラストで誘導爆弾で攻撃すると絶大。

自由落下爆弾を叩き付け投下は大ダメージ必定。

ミサイルが効かなければハイドラロケット乱射で大ダメージ。

ちなみに日本の13歳の少女である。

赤座あかりちゃんが。

たった1人で「お団子バズーカ」という妙技で。

飛行中の宇宙的発想ビークルを撃ち落としました。

Zガンダムに撃ち落とされた同ビークルも実在。

カミカゼ特攻が何気に効果あり。

合理的過ぎる兵器には意味不明な攻撃が通り過ぎる。

超兵器ほどおバカな攻撃に無力。

ちなみにSF最強はELS。

金属以外に融合できない設定なのに崩壊あり。

ちなみにコンピューターならなんでも。

念動力で破壊可能。

文句なし問答無用のチート。

リアルチートに敵う奴なんていない。


B-2Aが100キロ地点から核ミサイルを放ちましたが。

超高速迎撃ミサイルで撃ち抜かれて起爆。

シールドに防がれたと誤認。

F-15Eに核爆弾搭載して近接戦闘で爆撃すれば。

簡単に撃墜可能。

レールガンは小型機に対して命中が不可能であり。

威力を超絶にしたせいで。

発射の衝撃が強過ぎて当たらない。

レールガンは元々艦載で対地砲撃支援用だし。

そもそも既に弾が無かったらしい(!)。

想像力不足のせいで技術が見抜けず苦戦。

ああいうのは現用兵器で撃破可能。


スターウォーズ。

戦闘機に搭載されているレーザーガンは。

実弾レールガンとフレアを融合させた品物。

小型の弾を超高熱で撃ち出します。

超小型対戦車ロケットを撃ち込みまくる技術。

スターウォーズのシールドは。

対エネルギーコーティングであり。

ビームコーティングのビーム膜なので耐熱防護システム。

超高熱だけは無効化でき、あとは装甲で受け止めます。

プロトン魚雷はエネルギー防護装置で電撃爆破して防御。。

シールドは大型で、内部スペースに余裕があるファルコン号はともかく。

Xウイングに搭載するのは物理的に無理があり。

タイファイターにやられたり。

Xウイングと同格くらいのタイ・インターセプターにやられがち。

それでも2発くらいは防げる。

タイ・ハンターのほうがXウイングより性能が数段上です。

宇宙戦艦やコルベット級は大型の装置があるため。

簡単には打ち破れないけれど。

スター・デストロイヤーは対シールド用のイオン砲がメインであるため。

まともに食らうともたない!!

超高電圧の電力を帯びた砲弾を浴びせます。

出力機関が大型な為、戦艦のサイズも巨大化。

ちなみにデス・スターに欠陥を持たせたのは技術者かもしれない。

帝国軍は余裕をかましてやられてしまった。

ストーム・トルーパー系列は愚直過ぎて。

正確性と部隊運用だけはいいけれど。

想定外になると弱い。

共和国や帝国軍では士官を大量動員して戦闘力を確保していた。

AT-ATにプロトン魚雷を撃ち込まなかったのは。

戦闘機がほとんど無かったから。

民間用らしいスノースピーダーを改造して攻撃機にしていた。

ゲーム版だと制空戦闘機がきちゃうので。

ずっと戦ってるとスノースピーダーは大変!!

AT-STは丸太に引っ掛けると本当にこけます。

どうやらあとは爆薬つきの丸太でサンドして壊したらしい。

まんまと誘導されて罠にかかる。

投槍は装甲服の隙間にまぐれ当たりを狙ったかも。

狩りで鍛え上げられてたからそこそこ命中。

あと槍に神経毒が塗ってあったので刺さると終わり。

ジェダイが予備の武器をひとつも持ってないのは。

共和国ジェダイが最弱な証拠。

1000年前はメイス・ウインドゥはあたりまえに違いない。

スターウォーズは非合理だけど。

非合理なりに工夫しているので。

非合理で片づけられない。


Xウイング。

タイファイターではとてもじゃないけれど勝てない戦闘機。

ゼロファイターよりとんでもない戦績。

タイ・インターセプター。

速度性能と旋回性能を追求した為。

Xウイングに唯一対抗できる戦闘機。

性能では互角のはずが。

速度だけ同性能であとはXウイングを相手にするなんて無理。

タイ・ハンターは変形機構の速度性能と。

タイファイターとは思えない旋回性能があり。

Xウイングに対し性能が上回る・・・はずが。

ゲームでもザコ敵として叩き落とされ。

まったく相手になれなかった・・・。

エンドアの戦いでは反乱軍300機に対し帝国戦闘機4000機の戦力様子。

反乱軍戦闘機にたいした損害なし。

Xウイングが戦闘機以上の機動ができるのに対し。

タイ・ファイターが最低限の動きしかできないので。

一点特化の性能では満足に抵抗できなかった・・・。

本当はタイハンターはXウイングより性能が数段上のつもりなのに。

総合性能が融合していったXウイングには戦闘力が違い過ぎ。

スピードと運動性能、さらに防御力や姿勢制御などが連動同調した。

次元超えのXウイングにはタイファイターが束になっても相手にしてもらえない・・・。

オール高次元性能を連動させるのは反乱軍戦闘機の特徴なので。

タイファイター系列は最初から勝てないのが決まっていました。


キルレートは.Xウイング200:タイファイター1.みたい・・・。


ヤヴィンの戦い。

Xウイング隊は分散行動で排気口を探したらしく。

デス・スターの守備隊の中でも。

精鋭部隊が対応。

特にダース・ヴェイダーの腕前は帝国最強で。

ヴェイダー卿は5機も軽く落としている。

タイ・アドヴァンスドX1はエースパイロット専用機として。

少数が運用されていたらしい。

ヴェイダー専用機は専用のカスタマイズ機。


アナキン・スカイウォーカー。

本当はメイスでも勝てるかわからない程のドゥークゥー伯爵を。

あっさり倒している。

その時点で腕前がメイス・ウィンドゥと互角。

多少力任せなのでまだ器用なメイスには勝てない。

パルパティーンに感化されたけれど。

ダークサイドという悪に堕ちたおかげで。

善人気取りに悪を受け入れたことで。

ダークヒーローとして力が完成された為。

ベン・ケノービを葬った辺りでメイス・ウィンドゥより数段強い。

ケノービはあきらめて斬られた様子。

だってベイダーかなり手加減してるし。

ルークとの戦いは稽古でやってます。

ダース・ヴェイダーのフォームは一撃が重過ぎるため。

共和国のジェダイは1発でサーベルを弾き飛ばされる威力。

おまけにすぐサーベルを密着してねじ伏せられる。

ベイダーから鍔迫り合いにとっとと持ち込まれて。

ふっとばされてしまうほどの実力。

純正シスの力は強過ぎる。

善と悪を同時に受け入れることで。

人を超越した力が出るのは真理。


クライガン・ジンvs.ダースモール。

クワイガンの攻撃を受けるのに精いっぱいなダースモールは。

なんとか受け続けたらクワイガンのスタミナが切れたので。

一気に殺りました。

でもケノービーを相手にした時は。

ダースモールもスタミナ切れで。

まともに戦えないほど。

集中力も尽きており。

簡単にやられました。

チャンバラがずっと続く戦いは。

どちらかが負けない戦いをして。

防戦に徹するからです。

両者決め手がありません。


ヨーダのフォームはそもそも。

両者サーベルを入れることができないのです。

空中で撃ち落とすしかない。

地上に降りるとヨーダが小兵なせいで。

サーベルで打ち払われ。

格闘攻撃も軽々避けられます。

意外とパワーで圧倒できますし。

トリッキーなので命中率が期待できないだけです。

ヨーダがいくら頑張っても。

相手を仕留められません。

反面殺られません。


アナキンがメイスウインドウに不意討ちして抹殺。

メイスウインドウがシスにサーベルを入れようと。

振り下ろした途中にさりげなく狙ったので。

あっけなくメイス敗北。

シスを執拗に狙いすぎてアナキンの事を放置したのが原因。

アナキンの言動からシスの仲間だと気づかず。

アナキンからの攻撃の可能性を無視した結果。

アナキンがわざとメイスの弱点である振り下ろした瞬間にサーベルを入れて。

切り捨てた。

詰めが大甘だったメイスでした。

ご愁傷様です。


クローントルーパーとストーム・トルーパー。

あまりにマニュアル的で愚直。

帝国軍の将校が卓越している為。

思い通りに戦えます。

帝国将校が臨機応変に命令することで。

圧倒的戦闘力を発揮。

共和国も人材が豊富なので。

指揮官がちゃんと命令していたから。

トルーパー部隊はドロイドに対して一方的に戦いを進めてましたよ。

コマンダー・コーディなどは。

クローン・トルーパーの育成施設で育ててないようで。

トルーパーではない将校の弟子として育成。

実戦指揮官として最強でしたね。


ベスピン。

独特な環境により。

船と同じ原理で都市が浮いてます。


ルーカスのおもしろ発想のひとつ。


オルデランが破壊されたのは愉快痛快。

「あそこは武器を持たない平和な所よ!」

だからスーパーレーザーで破壊に選ばれたんですけど。


電気ストーブの原理を究極進化させたのがライトセーバー。


※スターウォーズは非合理。

※スターウォーズは非合理で片づけてはいけません。


燃える石がどこかの近海にあるように。

エネルギークリスタルなんてあってもそこまでおかしい事ではないかも。

燃える石は海底火山から採取できて。

地上にあげると勝手に燃えます。

無限火力発電ができるかな?

たぶん火が強過ぎてダメ。

でも、もしかすると永久石炭発電所なんてできちゃうかも。

クリスタルはかなりの数なんでしょうけれど。

人が扱えたりはしないと思う。

スターウォーズって何んかの賢人集団が管理してるのかな?


ご存知の通り、反重力システムなんて合理性にケンカ売ってます。

スターウォーズとかは「プラズマジェット」とか使ったVTOL。

僅かな推力で制御されながら滑らかに垂直離着陸。


「トムとジェリー」は猫のほうは。

わざ攻撃を外したり。


わざと食らってあげたり。

ネズミに対してかなり手加減していい勝負にもつれ込ませてます。

それを知らなかったネズミは。

新しく入った普通のネコに喧嘩を売ってあっさり殺られた。

動きが毎回殺し合い?してた猫よりも数段速く。

比べものにならなかった為。

挑発即捕食され。

死ぬ間際にそれまでのケンカ猫の手加減を知った。

「トムとジェリー」は殺し合いだが。

死亡者が出ないのは猫がギリギリで全部外したから。

公式発表とのこと。


そういえば地球製模造UFOなんかありましたっけ。

どっかの逝っちゃった奴らが。

爆弾積んでどこかの大都市に落として。

「それ攻めて来たぞ!」とか煽動する内定がありますがー。

実在のUFOは目覚ましなので目が覚めればそれでいいのです。

キリストがお願いして頼み込んで一時的に来てもらって。

いろいろ人類を治すきっかけにする程度なんて解釈で別に正解。

ちなみに写真に写らないし。

堂々公開なんてやってたまるかー。

一等星と判別が難しい。

赤い発光体と思ったら別の方法を用いたり。

一見見間違う方法しか使用しません。


パーフェクトダークでは味方宇宙人が登場。

主人公に協力要請をかけてきます。

キャリントン協会を通じてアメリカ政府と親交を結びます。

黒幕が味方宇宙人の敵対者だったので主人公も首謀者暗殺に加勢。

宇宙人的?エルビス。

小学生サイズなのに弾食らっても。

「アジャヒー!」「アデデ!」とふざけてしまい。

格闘では水兵を一方的に倒す。

スケダーという別の宇宙人に対して。

とっとと格闘を挑んでしまい。

倒される事が多い。

ちなみに味方宇宙人マイアンの射撃精度はあり得ない。

どうやって発見したかわからない敵を。

不意撃ちされたハズなのに先に攻撃して仕留めてしまう。

エルビスのスナイパーライフルは百発百中。


乗機が偵察機なのが残念。


パーフェクトダーク。

コンバットシュミュレーター。

自由にシュチュエーションを組んで戦うフリーモード。

平和タイプの最強シュミュラントを3体入れると。

ステージ中の武器を回収してプレイヤーに取れなくするので。

どこにも武器が無くなる。

武器の使用に反対する科学者のシュミュラント「平和タイプ」。

いやらしい奴。


どっかの陰謀系番組。

サイドワインダーが当たらない地球製UFOだ!

サイドワインダーの誘導シーカーを狂わせただけ。

対空爆弾や対空ロケットはフルヒット。

SF的超兵器は正面から挑んではいけません。

不意討ちして仕留めるのが基本。

本当に地球製UFOを主力攻撃機とするリアル世界支配者があらわれたら。

なんでか知らないけれどトラブルで堕ちたり。

位置がなんとなくわれたりしますねー。

超兵器なんて主力にしたらあっけなく負ける。

切り札だけ投入するなんてバカげてるよー。

世界支配者なんて頭がおめでとうございました!!