下剋上。


※調子に乗ったので「R-20」


ある日、付き合っていた先輩から、誘いがきたのです。

「日曜日、俺んち来ない?」

みなさんは憧れの先輩からのお誘い、断れませんよね。

わたしは手作りのケーキを持参して、日曜日に訪ねてしまいました。

玄関を開けて出迎える、学校いちのイケメン先輩。

サッカー部で「ウイング」というサイドプレーヤーとしてプロからも注目される。

そんな、わたしにはもったいないくらいの人。

先輩にとっては、わたしはなにかと気が利いたことをしてくれて。

愛想もいいし、そして出会ってしまった自販機の前。

それからというもの、交際1年、そろそろキスかな・・・って。

部屋に案内されると、先輩は少しドキドキした様子。

リビングになぜかリップクリームがあったとおり、やっぱり・・・・くる?

しきりに先輩がこちらを覗く、10秒に1回。

やっ!・・・・心の準備が・・・・!?

でもわたし、気づいたんです、先輩を見てると・・・・なんか・・・。

おいしそうだなっ・・・て。

そのまま先輩が覗くんです、目と目が合うんです。

ドキドキが最高潮に達すると、わたしは先に仕掛けていました・・・・。

先輩を押し倒し、押さえつけると、先輩の顔をずーっと眺める・・・。

気づくと・・・いけない!わたしやっちゃった!

もう後には引けません、そのまま思い切って無謀にも先輩にキス!

先輩は思考停止で動けません!

30秒もやっちゃった!

唇を離すと、でもまだなにかやりたくて、そのうち先輩がもがき始めるけど。

なぜか女の子のわたしの力の方がずっとか強くて。

先輩が身動きひとつ取れません。

スポーツ科学であった「ゾーン」状態なのかしら?

よく科学好きの先生が話してくれました。

そう考えているうちに先輩に頬ずり、ぬいぐるみみたい・・・。

でもさすがに先輩が悲鳴を上げて、びっくりして離したんです。

先輩壁の方へ這いずって逃げました。

でも、ハンターの血がうずいたのか。

追撃を加えて・・・。

目が覚めた時には先輩が放心状態。

どうしようどうしよう!!気まずくなって・・・・バック持って逃げてしまいます。

ドキドキが止まりません・・・!

でも初めて男の子を好き放題にいじくったこの快感・・・!

気持ちいい最高の感覚はその日ずっと、染みついて離れませんでした!

ふと、思ったけど、家の中に誰もいなかったのが気になりました。

計算づく?キスするために?かわいい子!

次の日、学校で出会うと、遠くからドキドキした目線で見つめてくる先輩。

「次はどんな彼女が見れるか楽しみだぜ(若干棒読み)」

とかよく言ってくるけど、なにか悟ったような雰囲気です。

メールでも、普通の会話でもこう言ってました。

「母親のように抱かれてマジ気持ちよかった・・・」

はい、次はどんなことしてあげられるか、楽しみで仕方がありません!

今日も学校内でも、先輩とおにごっこやってます!

END


ある朝先輩の家を監視していたら。

都合がいいことに。

両親が外出!?

しかも先輩。

もう朝9時だというのに寝てます!

日曜日なのに?

わたしはチャンスなので。

家をピッキングして侵入。

先輩のドア。

鍵がかかっていたので。

ピッキングでこじ開けて。

寝ている先輩のベッドに入り込み。

布団でくるんで。

先輩をもごもご。

先輩に巻き付いて寝技をかけて。

もごもご。

先輩は。

うわぁぁぁあああ!?

と言いながら内心気持ち良さそうに私にもごもごされます。

えげつない事もやりたい放題!

なんか先輩。

途中から抵抗しません。

だから犯してあげました。

散々に10分間やってあげました♪

先輩は。

「俺の障害は男という概念だったのかも・・・。」とまた悟ってます。

もう!

気持ちいいならそう言ってよ!

気が済んだので立ち去りました。

次から先輩は鍵をかけ忘れてもそれはそれでいいと。

メールで♪


由比ちゃんの家に遊びに行ったら。

由比ちゃん誰もいない事をいいことに。

私を強姦してきました!

そんな・・・えっちなこと・・。

気持ちよかった・・。

すっきり・・。

次回は私のターンでした。

ああ・・・。

女の子って感覚がすごい・・・。


由比ちゃんにミニスカート姿で抱きついたら。

ベットの中でぎゅーしているうちに。

お互いのドキドキが止まらないので。

たまらない!

由比ちゃんの秘密も・・・・?

さらにたまらない!!

気が付くと由比ちゃんと一緒に寝てました♪

由比ちゃん。
「男性と女性って別の世界に存在するよねー。」
「共存なんて最初から愚昧だったんだよ。」

そのとおりー!
ってなワケでいちゃいちゃ続行♪


調子に乗って先輩の家にまた侵入して。

寝ている所をミニスカート姿で襲撃して。

巻きついたら。

先輩が気絶したのでもうやめました。

先輩。
「女性を粗末にした俺たち男が愚かそのものだった・・・」
「本当は女性にすべての決定権があったよ・・。」
「懺悔はいま・・・ぐふっ!(気絶)」


※トンデモ小説。

※むごい。

※やり過ぎのお手本。