神に祈りを。


キリスト教の祈りの方法です。

無神論者で無ければ使ってもいいのですよ。


空に向かって、指を組んで、目をつむり、祈る。

1分、間を置き、もう1回祈る、この時、お願いごとをして欲しい。

それがあなたにとって、解決不可能なことなら、ためらわず祈る。

危機に陥った時はなおさら、遠慮はいりません。

1分、間を置く2回方法は次回から要りません。

「ほんとうの奇跡」による、この世界の真実を悟ることができ。

あなたの前から不条理はすべて消え去ります。

「神」の存在を直に感じ取る、きっかけになればと・・・・。


ロザリオと共に祈ることもできます。


大天使ミカエルに祈って助けてもらうこともできます。



↑こんな感じ。

指を組んで。

目を閉じて。

祈ります。

祈るときには。

「神よ、助けてください。」とか。

「イエスよ、私の罪をお許し下さい。」とか。

言葉を念じます。

神社参拝のときのお願いの仕方と同じです。



↑こういう組み方です。

これをできる限り空に向かっておこない。

祈るのです。



誰も祈りの仕方を知らないのです。

キリスト教の祈りは。

神社参拝のように。

神にお願いしたり。

報告したり。

祈りの中で言葉を唱えて。

神と繋がるのです。


言葉で念じて祈りますと。

祈りがはじめて届きます。


目を閉じて。

言葉で唱えて念じる。

これが祈りの仕方です。

実際に発音するのではありません。

念じるように。

言葉を唱えるのです。


あなたに。

神の御加護がありますように。