生命が生存できる環境化には植物が育っている。

植物が生えている場所には生命が育つ環境が整っている。


地球から自然が半分失われた環境では。

人は生存できない。


自然無しで人は存在できない。



米や野菜も自然から貰うもの。

水も自然から貰うもの。


食物は自然から頂いたもの。


米と野菜も。

自然の恵み。


自然は優しい。


自然とひとつになる。




反抗期の人類は。

自然を猛威と見なす。


自然を無視し。

破壊すれば自然災害という神罰が下される。


人間は自然に勝てないように出来ている。


人は自然から生まれた。


最初から人を誕生させるべく。

環境が整えられた。


進化論は男性の論理なので間違い。


いくらあがいても。

自然とひとつになる以外の道は無い。


自然保護法案が必要。


自らのエゴで自然破壊を平然と行い罰を受ける人類。


人間は愚かな生き物。


地球を救うと言いながら。

地球を破壊している事に気が付かない。


文明としての犠牲くらい神は認めている。


エコとして資源浪費を減らす取り組み。

自然破壊は止めない。

地球のためと言いながら。

自分達のことしか考えていない。

結局。

地球のために自然破壊を非難することはしない。


人は学べる生き物なのに。

同じ過ちを繰り返す。

それを嫌悪する賢者は数知れず。


自然破壊は無神論から。