武士道とは道理とひとつになること。

騎士道とは正義とひとつになること。


「強さ」「知性」「優しさ」が武士道の基本。


男らしさとは紳士が基本。

女らしさとは才智が基本。


才智の基本。

理解力を高める努力をする。


紳士の基本。

女性に優しくする。

女性に礼儀を尽くす。



強いだけでは無謀となり。

賢いだけでは狡猾になり。

優しいだけでは弱いだけ。

義に過ぎれば堅くなる。

礼も過ぎればへつらいになる。


騎士道は弱き者を助け正義に存在する。

だがそれは甘さではないのです。

意思の無い者は見捨て。

意思のある者と共に歩む。






夏侯覇vs魏延!夏侯覇が討ち取ったでござる!



小松姫。

徳川家康についた者と石田三成についた者と。

真田家が2つに割れた。

犬伏の別れ。

真田昌幸が沼田城に寄った際。

義父である真田昌幸と夫の信幸との対立を読み切って。

小松姫はあらかじめ真田家の者を城に入れており。

真田家親族を人質にして抵抗。

真田昌幸は手も足も出ずに逃げ出した。


本多忠勝。

初陣の刻に先輩が「この首を持ってけば手柄だ

と言って持ってきたが。

「自分で捕らなければ自分を侮辱してしまう。」と最前線に参加。

見事首を参つほど討ち取った。


織田信長。

少年期はひたすら鍛錬の日々。

遊びながら仲間と切磋琢磨。

特に史実では馬術の鍛錬は欠かさなかったとある。

信長を「うつけ」などと迂闊にも侮ってしまった未熟な者達はそれはそれでよく。

のちに信長が「うつけの評判」を有効利用でき有利になった。

唯一、その時期では斎藤道三が信長の実力を見抜いており。

「美濃を信長に譲ってもいい」という遺言みたいなものは家臣に伝わり。

斎藤道三死後は斎藤家家臣が信長に味方したくなったのは見ての通りでした。


徳川秀忠。

少年期に勉学中、屋敷に暴れ牛だかが乱入。

どうやら秀忠は牛が自分を攻撃しないと見抜いていたようで。

気にせず読書を続行していた。

暴れ牛の動きを見切っていた可能性がある。


小山田信茂の部隊は武田最強と言われていた。


思いて学ばざれば則ち殆し。

それ学は通の為に非ざるなり。

窮して困しまず。

憂えて意衰えざるが為なり。

禍福終始を知って惑わざるが為なり。

(考えるだけではダメで、学んで行くことが大事。)


鞭声粛粛夜河を過る。

軍略では上杉謙信の方が一枚上手。

信玄の妻女山別働隊を逆に奇襲すると壊滅させられたが。

勝たなくていい戦でしたので。

引き分けに持ち込みました。

武田も上杉もお互い居ないと戦国時代が困るので。

先に気付いた謙信が示しました。


熊谷次郎直実の軍が敵を敗走させたが。

惜しい敵の大将が撤退していった為。

声をかけたがため。

敵の大将は引き返して熊谷次郎直実と一騎打ちし。

熊谷次郎直実が勝利して敵の大将を組み伏せたという。


趙雲。

三国志。

長坂の戦い。

劉備の子が敵中に残されてしまい。

追撃してくる曹操軍に構わず。

ひとりで捜索に行き。

夫人も見つけるが夫人は自害。

子を背中に背負いそのまま進路を塞ぐ曹操軍をひとりで薙ぎ払い。

敵陣を突破して見事に劉備のもとに帰還した。


関羽

三国志。

曹操が赤壁の戦いから敗走中。

再三に渡り待ち伏せしてきた劉備の手練れの最後に登場。

曹操の目の前に堂々登場。

関羽は曹操に劉備の夫妻を助けてもらった恩も。

客将として得待遇された恩もあったとのこと。

目の前の総大将である曹操が命乞いをすると。

たまらず関羽は曹操を見逃した。

指揮していた諸葛孔明は趙雲か張飛で討ち取れると思っていたが。

曹操の家臣があまりにも優秀で逃れたので。

最後に関羽が出るのは作戦自体が失敗でした。


孟獲七縦七擒。

三国志/諸葛孔明。

西の部族勢力が反乱を起こした為。

討伐にて孟獲を捕らえたが。

諸葛孔明は自軍の配置を孟獲によく見せた上で釈放。

また孟獲は攻めてきたが孟獲はまた捕らえられて。

6回打ち負かされた孟獲は6回捕らえられ6回とも釈放され。

7回目でついに孟獲は服従した。


三国志。

黄忠。

長沙の戦い。

関羽と一騎打ちで1回敗れた際に関羽に見逃される。

城攻撃中に関羽を見つけ。

黄忠は矢を放ち関羽の帽子を射抜いたが関羽は無傷。

黄忠「見逃された借りは返したぞ。」

黄忠は三国屈指の弓の名手。

長坂の戦いでは夏侯淵と矢を射ち合って勝負した。


黄忠は劉備に仕えた勇将。


サムライ。

ひたすら強さを求め、主君及び自分が守りたいものを守り通す。

孤高の戦士、江戸時代には警察、軍隊として確立。

日本を守り通してきた戦士、侍。


騎士。

正義を貫き、弱い者達を全力で真剣に助ける、救済する。

正義の証明者にして英雄。


紳士。

男らしい男、女性に優しく、気品に溢れ。

大人とはこういうものであるという。

大人のお手本となる、上品の到達点であり、男性美。


貴公子。

品性を追い求め、自らそれを表わし。

気高い精神にて、自らの名誉を守り通す。

人の尊厳の尊守を人生訓とする。

真の意味で輝くほど高貴な人の美。


男性の最高の能力。

「Paladin」。

万物を守護する、偉大な力にて。

何人たりとも塵に返す、途方もない巨大な聖守護。

それは王の力、絶対的な王の力。

社会を、地球を守護する、男性の偉大な力。

歩くだけで、ただ歩くだけで、雲さえも切り裂き。

気配だけで、気配だけで、下なる者は身動きひとつできない。

世界を守護する、男性の完成された姿。

古来より存在した、王の威厳、万物を動かす。

太陽を知りえる、究極の力。


おまけ。

日本刀の扱いは世界一難しい。

まず縦斬りしかできない。

横斬りが成功しづらい。

なので一人前はナナメに斬ります。

剣道家は縦にしか振らないので。

パターンが見え透いていて。

あれではサムライに笑われる。

剣道家はへろへろ侍。

手練れは流れるような連撃を浴びせてくるという。

日本刀の扱いは相当な鍛錬が必要。

そもそも日本刀は両手剣ですので。

扱いが難しいわけです。


おまけ。

日本刀は両手剣です。

槍も両手武器です。

日本では両手武器しか無かったので。

盾なんて使えませんでした。

豆知識。


おまけ。

新ロロナのアトリエ。

ロロナとステルクの外出でクーデリアが加わったイベント。

ロロナのアトリエを撤去させようとしたのが国のお偉いさん。

その国のお偉いさんの味方の騎士は敵じゃないの?的な会話。

https://www.youtube.com/watch?v=dyqG8RZBacs

真面目で人格が高いステルクさんの潔さ。


ニンジャ。

戦国時代より前の時代。

将軍に敵対する武将が伊賀甲賀の地に逃れたので。

将軍が率いる軍隊が伊賀甲賀に侵入しましたが。

ニンジャは神出鬼没な奇襲を繰り返して。

将軍の軍隊を散々に翻弄。

夜襲をかけて将軍の寝所に忍び込み。

手傷を負わせました。

「こいつはすごい!」ということで。

以後伊賀甲賀衆は宝として扱われることになります。


ニンジャは。

伊賀と甲賀で水源なので度々争っていた為。

土地を生かした戦術を身に着けており。

薬草の知識も豊富でした。

戦いの中で培った技能が以後ニンジャの活躍に繋がります。


幕末。

奇兵隊。

農民や町人など身分が低い者たちを訓練した部隊で。

最新式の鉄砲を装備しておりました。

武士との戦いで投入され。

当時の武士はまだ刀と槍でしたので。

外国連合艦隊との戦い「下関砲台攻防戦」で学んだ。

散兵戦術を駆使して。

たった3000で6万の武士を破りました。

鉄砲と刀じゃ最初から勝負ありでしたね。

武士の力は。

時代ごとに変化を受け入れなかった為に。

次の形態に進化できず。

ここに終わりを告げました。



サムライ歴史書。