剣術指南書。


気に召せば精進致せ。


桜花流剣術。

惟神の太刀・大和。


心得。
剣術は悪を断つ剣なり。

剣を抜けばそれを斬れ。

剣を抜くのをためらえば死する。

剣とひとつになれ。

剣は想い通りにふらねば無力となる。

剣で無駄な破壊をするは未熟な証。

剣で勝ち負けを競うは愚者の証明。

剣で人を斬ることをためらうな。

剣と意志を統一せよ。



常に自分以上の力を発揮せしめし。

時に自分を凌駕する力を発揮せしめし。

相手に容赦ためらい、慈悲温情をかけるは自身の弱さの認定。

剣は死するべし、必殺と必生の極意無ければ死あるのみ。

相手を斬り伏せるまで剣は動き続ける。

敵は自分が思う以上に強いものと心得る。

自分より強いものだと知らねば侮った瞬間命を落とす。

己に神懸かった力無くばいずれ死する。


剣術の心得。

剣術は剣道みたいによーいどんで始まりません。

いきなり仕掛けていきなり殺します。

一方的に先制攻撃して殺します。

不意討ちは常套手段。

死んだ奴が悪い。

戦士の誇りを侵害しなければ。

卑怯と言われる手段でも大あり。

死んだ奴が悪い。

子供の理屈で戦ってはいけません。

子供の理屈なんて死にましょう。

子供の理屈を言うのなら死にましょう。



突然現れて斬り殺すのも大あり。

後手はすぐ死ぬ。

死んだ奴が悪い。

卑怯卑怯わめくのは下品なガキだけ。

甘っちょろい。

死んだ奴が悪くて斬った人が正しい。

殺した奴と殺された奴がそこにいるだけ。

武士の誇りと名誉、礼儀を侵害しなければなんでもまかり通る。

道理。

宮本武蔵は決闘の際。

決闘相手にちゃんと気づかせて真っ向勝負するため。

相手の目の前15メートルほどで抜刀したあと大声で名乗って。

「いざ勝負!」と叫んで相手が武蔵を目撃したあと。

相手も対応できる時間がある状態で正面から先制攻撃で斬りかかったので。

剣術を知らない剣道家なザコどもは一方的に殺られていました。

宮本武蔵の登場に同じ反応をした猛者だけ。

ガチでやり合いましたが宮本武蔵の剣が熾烈すぎて討ち取られています。


よーいどん!なんて始める生易しいおめでたい話はありません。
そこは林・・・・。                  

決闘相手が孤高に宮本武蔵を待つ・・・。

林の脇から堂々武蔵登場。

宮本武蔵はわざと気づかせる登場の仕方。

柳生宗義がそれに容易く気づく。

両者一瞬で向き合う。

宮本武蔵
我こそは宮本武蔵なり!

柳生宗義
「左様!我は柳生宗義!

両者刀を抜いて構える。

両者「いざ参る!」

両者同時に突撃!
手本。

出遅れた側が圧倒的に不利。

武士同士の戦いは相手がしょーもないミスをすると。

「なにやってる!」と相手に怒られてしまいます。

「早く復帰せよ。」と催促もされます。

武士は殺すに惜しい相手は見逃します。

敗れた武士は潔く負けを認めて。

敗北に従い撤退したり、改めます。

武士はどうせ死ぬのなら。

美しい散り方を好みます。

どんな場合でも相手を侮ると予想外の反撃を受けるので。

子供のうちに油断や相手を侮る事を克服しようとします。

高慢を克服するように訓練します。

油断すると付け入られますし。

侮ると相手が雑兵に見えるのに実は強敵だったりするので。

戦いを知る本物の強者ほど敵をナメてかかりません。

敵が相手にならなければ教育みたいに倒します。

殺し合いはボクシングで例えると。

途中のリングへ向かう道で襲撃して殺してもいいのです。

試合会場のリングに上がった途端に仕掛けて倒してもいいのです。

ルールはありません。

死んだ奴が絶対悪で殺した奴が正義です。

平民遊戯として有名な棒叩き名人達の市民スポーツである子供の遊びの剣道とは違います。

初歩。

刀をいかなる方向から入れたり。

いかなる方向に返します。

ナナメでも。

ナナメから角度を変えたもの。

斬る筋をズラしたり。

角度を問いません。

剣術。

基本技だけれど・・・。

基本的につかいません。


〇飛燕。

両手でやや後ろから大きく縦に振って。

腕を大きく回して斬りつけます。

下方向から大きく回して。

逆縦斬りも可能です。

根本的な隙があります。


〇雑把斬り。

鍔迫り合いの刀をそのまま。

交わったままスライドさせて手首を斬ります。


〇讒言。

振り下ろす刀の速さを変え。

時間差攻撃。


〇終焉。

踏み込み斬りのあと。

瞬時にバックステップして退避します。


〇烈火。

ガードされた刀を。

グリップを回して。

相手の手首に命中させます。


〇英断。

鍔迫り合いをバックステップで回避する。

距離をとり続け、相手が突貫する好機を捉える。


〇逆刃刀。

刀を逆に刃を返して。

銃剣突き。

英断をおこなったあとに。

仕掛けると生半可な者にはこれだけで入る。


あえていやらしい技なのですが・・・。

基本技であり。

随神の太刀はすべて。

奥義しかつかいません。


剣術は木刀。

もしくは竹で造った日本刀をつかいます。

剣道の試合用竹刀はしならないので。

事実上の棒に過ぎません。

イカサマをする卑怯者が剣道家ですので。

所詮剣道なんてお子様の棒叩きゲームです。

構え。

決まった構えはありません。

殺りやすい構えならなんでもあり。

模造刀。

両利きではないとうまく扱えません。

日本刀は両手剣ですので。

右手と左手の複合作用がないと。

剣筋がなっていないので。

刀を扱っていることにはなりません。

小技。

利き手を刀の最後部に平手で添えると。

銃剣突きが容易。

銃剣突きは多用されます。

二刀流は3秒で4撃入れるのが普通。

剣道の二刀流はバカのひとつ覚え。

足払いは普通当たるものではない。

命中してもバランスは普通崩れない。

命中。

上段付近。

中段付近。

下段付近。

斬れればどこでも狙います。

容赦なんて子供しか持たない。

徹底ガードさせません。

故にステップや受け流し。

特殊な移動によって回避をおこないます。

討ち合わずに回避できたら中級です。

強撃。

〇水龍円月斬。

右下から左上に少しズラして斬りつけます。

〇偃月刀。

普通の縦斬りから体を回転して回り込んで。

動きを連動させて横撃します。

〇保身の太刀。

攻撃と回避を連動させます。

又は相手に受けさせた刀の先端付近を強く討ちます。

相手の刀の動きが鈍り。

カウンターを仕掛けられます。

〇突貫。

刀を下に構えて突撃します。

近接格闘にて相手を崩し。

力と技を融合させて刺します。

〇雑兵泣かせ。

相手の脇腹を横撃します。

刀を返して先端にひっかけて斬ってしまいます。

○幻影。

相手の射程に入ったらカウンターを狙います。

射程に入って不用意に仕掛けてきた相手をち払い。

懐に飛び込んでち倒します。

○追憶。

相手の刀に対し自己の位置を流れるように回し捻りサイドステップ。

相手が外した刀を避けながら相手の刀を討ち払い。

刀をそのまま流れで入れます。

酷撃。

〇雷鳴。

刀を逆刀にして。

上から振り下ろします。

〇殺陣。

逆刀でガードされた場合。

そのまま逆刀をねじ込んで前のめりにして。

刀を入れます。

力技。

忍撃。

足払いですがスネ撃ちのみ。

〇合氣道の太刀。

相手の刀の握り手をつかんで。

一瞬スタンさせ。

すぐ刀を素早く相手に捻じ込みます。

〇日本刀vs剣盾。

力任せに崩せます。

近接格闘を取り入れれば力だけで解決。

蒙古だか知らないけれど。

蒙古だか原始人とかは。

力自慢の鎧武者が力でねじ伏せて殺ってました。

〇日本刀vsフェンシング。

モーションパターンを知れば。

このモーションでこんな攻撃とか簡単。

単細胞なパターンしかフェンシングは持たない。

討ち払いながら横に避けて。

そのまま近接格闘でいたぶる。

〇日本刀vs槍。

刀の柄の近くで連続攻撃を受けながら。

防ぎつつ接近して有効な攻撃をできなくして。

近接攻撃で倒します。

〇日本刀vs薙刀。

刀の柄の近くで防げば楽勝。

あとは防ぎつつスライドしつつ。

接近すれば特に何もできない。


奥義。

〇蒼龍。

返し刃を下から飛び上がり斬り。

刀を返して上から突き刺す。

相手は必ず死ぬ。


〇鎌鼬。

横に構える。

右足の動きだしと左足の踏ん張りを連動させて。

抜刀した状態での抜刀術。

2回転の回し斬り。


秘儀。

〇剣の導き。

刀とひとつになることで。

相手の刀の太刀筋を見切る。


〇神速。

刀と同化した太刀にて。

刀が見えず。

実体が見えない剣となり。

決して捉えられぬ神懸かりの剣。


秘儀の神域。
随神の太刀は神を断つ剣なり。


武士道。


〇優しさ。


他者をいたわり、助け、利害など下らない関係を結ぶ。

敵に対しても温情をかけるが。

人として反していれば、容赦やためらいがなんのことか。

ひと思いに切り捨てる。

優しさはすべての者達へ。

果てしなく広く。

女性にも子供にも、男性にすら。

目下や下の者さえも。


〇賢さ。


知恵を重視しつつ、知識も博学を必須とし。

力のふるい方や、忠義通りの行動をするべく。

理解力や聡明さが求められ。

愚を恥とする。


〇勇気。


何者にも負けず、格上ならなおさら戦いたい。

恐怖を知り、恐怖を克服し、傘下にすら置く。

人としての弱さを捨て去り。

常に戦は死を覚悟し、相手を打ち負かし勝利を求め。

最後まで戦い続ける覚悟まで存在する。

そのための屈強な鍛錬を怠らず。

誰であっても捻じ伏せる力の強さを常に得る。


〇礼儀。


礼儀は気持ちからくるもの、作法はへつらい。

作法は処世術、無駄に無礼千万。

気持ち通りなら、気持ちがこもった礼式で良く。

独創的であっても構わない。

気が利いていれば、一人前と言われておく。

礼は真心から。


〇義理。


正義を重んじ、正道を往く。

真実の正義を探し出し、その通りに動くのが誇りである。

贈り物、気持ちは気持ちで返す。

気持ちで返さねば自らの正道をけなす。

忠義はよりよき世のため、主君とともに民のため。

思いやりが本質にある、武士の旗印。


〇楽。


冗談や道楽、余興も必要である。

無ければ心が寂しく、人も寒い。

士気も落ち、周りの人々からは笑顔が消える。

時には歌わねば、人らしくもなく。

慰めや癒しもなければ疲弊する。

余計な力が入り、失敗もする。

道楽は人生謳歌の秘儀でもある。


〇苦。


常に鍛錬を怠らずにいれば敗北は無く。

自分が望む苦なら容易く討ちまかせる。

求めぬ苦など所詮無駄な遠回りに過ぎず。

避けて通るが人の道。


〇行。


自分に反した行いはせず。

考えるよりは、駆けて動いた方が吉となる。

失敗は教科書として残し、教訓のみを知れ。

失敗から学ぶのではなく、失敗から得ればよし。


〇言。


口は無駄に敵をつくるが。

味方も大勢つくる。

言葉にて想いを伝えるのが筋通り。

言語で情報では無く、想い、気持ちを伝える。

言葉で相手を打ち負かすこともでき。

言葉で相手を救うこともできる。

言霊という特殊発音の秘儀は人の神術。


〇戦。


戦士で無ければ生き苦しい。

身を守るだけなら、攻撃は続いていく。

もとを倒さねば、相手はいつまでも攻撃を続ける。

適切な攻撃にて、仲良しを偽ったいやがらせなれば。

相手を容易に打ちまかせ。

相手がどうかなるまで辞める必要は無い。



〇人。


見た目で判断はできず、見た目はひとつの判断要素であり。

偏見という名の騙しに引っかかれば愚者の仲間へと。

バカだと思えばからかうが良し。

小賢しければ警戒せよ、仕掛けては来る。

子供ならあしらえ。

利口なら導け。

悪ければ貶めるのが道理。

弱ければ放っておけ。

臆病なら見捨てよ。

強ければ参考にでき。

快活なら付き合うといか楽しけれ。

性格良ければ敬意を払うのが好い。

人への観察は怠るべからず。


〇自。


自らに会え、時機早々に。

己を知れば自分通りに往け。

迷うべきことも間違うことも無い。

自分のやることひとつも。

自分で無いこともあり。

自らに気づくのは人には必要不可欠。


〇教。


過去の他者の出来事には気を配れ。

教訓を早々に得て、生かせ。

立ち回りに失敗することも無くなり。

目的を容易く達成できるが故。

教育や博識にも注意を払うべし。


〇忠。


心をくれたら、命がけで全力で報いる。

恩人なのだ、恩は恩以上にして返すのが人の姿。


〇志。


成したければ、最後まで戦え。

何年でも、くじけても、挫折がなんのその。

完全に負けて倒れるまで戦え。

勝つか負けるかで、自らの志の正体がわかるというもの。


〇名。


人としての尊厳を汚すな。

自分である誇りを持ち、それを名誉とせよ。

それを汚すな、堕とすな。

人としての栄誉を尊び、学び、得る。

常に名実通りが当然の名誉。


〇責。


責任があり、人に沿ったものならば。

切腹の如く、潔く全責任を認めて詫びる。

全ての責任追及に応じる必要もなく。

人の道に反した行いは反省ではなく。

認めるのみで糧となる。

上の者は特に、言い訳をしてはならず。

素直さと、分別、利口であることが求められる。

常に責任に至る前の対処を怠らず。

自分も含め、間違っている者のみを裁く。


〇武士。


精神に筋が通った、男女が人の基本。

強さこそ男女の尊さ。

自然を尊守しながらも。

それがあたりまえであり、身に着け忘れられる程に。

地球と共にある者たち。

国家の一員である我々も。

自然とともに、神の加護とともに。

無垢な魂はそれぞれにふるまう。

---------------------------------------------------------------

掲載:無断自由そのもの。

許可証:花標「〜♪」


2017/03/07 12:00 桜花かなで。