WHO/参考資料。


疫病。
単なる栄養不足。

コレラ等。
単なる栄養不足。

ペスト。
当時の人類の免疫力が低すぎる。
壊死に内出血。
栄養不足。
そもそも栄養学がなく無学だらけ。
スペイン風邪も同じ。

インフルエンザ。
毎年オウム教みたいなのが都市に撒いてる。
熱系ウイルスの強い奴。
カテキンに無力。
免疫に返り討ちにされる場合が多い。
何らかの持病持ちは餌食になる。

拒食症。
自分と向き合うのをやめて逃避したから妄想にやられる。
拒食症は精神疾患。
精神分析医しか対処無理。
ちなみに患者は脳がハング/フリーズしてるので回復困難。

男性恐怖症/対人恐怖症。
まあ普通のこと。
特に男性。
味方/中立/敵/で判定すれば簡単。
さりげなく逃げる方法をマスターしとけばいい。
逃げるが勝ち。

高所恐怖症。
あたりまえ。
とび職とか建設関連は向いてるので。
決して落ちない空間認識力を保持。
高所とひとつになった建設員は落ちるというわけではない。

痴呆症(認知症)。
脳がもうダメなので半死亡状態。
半死体。


白血病。
遺伝子疾患により機能不全。
牛乳、海苔、納豆、卵、バナナ、粗塩。
おやつにカロリーメイトは有効。
栄養満点にすれば機能が回復。
栄養学で栄養豊富ショックを与えて生産機能を修復します。


心臓病。
血が汚れ過ぎ。
タマネギスープやタマネギスライスでも毎日食べれば?
たんぽぽ茶による排毒も必須だけど肝臓に負荷がかかる。
原因は肝臓と脾臓が弱っているのが大半。


骨肉腫。
誤認。


痛覚、聴覚、視野、半身不随。
神経回路が破損、修復しろー。
神経回路が旧式。
AGE.1-油圧。
AGE.2-電気。
AGE.3-電波。
進化させればよし。
意識を体に向けるとアップグレード可能。

こういう神経系統は。
ひとまず体をコンピューターロボットと解釈して。
原因を突き止め。
次に機械化説明を終了して。
体を植物として見ると。
異常と対処が丸わかり。

科学療法は。
神経に電流を流したり。
ショック性の電気で攻撃して修復。
安全に驚かしたりすると回復のきっかけになり得る。

ちなみに脳死は人の死です。
回復できません。
奇跡なんて起きません。
半年間あれば死亡が強制判定されます。
あとは立派な死体遺棄。
遺族を排除してください。
もし問題なら。
電気ショックで強行復帰も狙えます。


スピリチュアルや占い、思想で自分の脳を改造する奴がいて。

簡単に機械化してサイコパシィーの出来上がり。

もう脳は回復しないし人の言うことは聞かない。

処分すれば済むこと。

ちなみに怒りやストレスで似たようになるが。

そういう冤罪系統とかは生きる意志があったり。

卑怯な手を使わなかったり。

正面から強そうなのに挑むとか。

ちくしょう!が口癖だとか。

ちょっと違うのが何かある。


そのほか。

アニサキスなんてものはいない。

食あたり。

刺身ならいいけれど。

サバを生で食べれば当たるし強烈。

バカやったからそうなる。

ちなみに昔の学校給食で。

中途半端な調理のイカを出して。

食中毒大量発生。

私はわざと床に落として回避。

ちなみに友達が踏んづけたのもあり。

難癖つけた連携。


合成ウイルスを自然方法で製作すると。

ウイルスを消すウイルスになってしまう!

ちなみにパソコンでもウイルスを消すウイルスプログラムが実在します。


検査とか言って白黒画像で判別はできず、信頼性は無いし合理性に欠ける。

乱交のせいで人体どこかに欠陥が大量発生して病気が蔓延。


無神論者は病気全般の犠牲役。