サッカーの試合でとある国の普通の試合。
ゴール前までパスが伸びて見事に受けます。
あと少しでシュート!
という所でキーパーにスライディングタックルされた選手。
相手の足をかわして。
ジャンプ中に体勢を崩し。
着地に失敗して転んだら。
審判に反則を取られて。
PKになってしまいました。

相手の足にひっかけて倒すのは反則。
この場合かわしたので反則ではありません。
誤審です。

相手の足は触れていません。
ジャンプ中着地に失敗したのです。
転んだ選手のチームと相手のチームは。
「触れてないよ。」と審判に猛抗議しましたが。
判定は覆りません。

それに不服な相手チームの選手は。
PKをわざと外して。
誠意で対応したのでした。

サッカーの実話。


サッカー。

ある国の試合で。

ロングパスが偶然ゴールに入ってしまいました。

誰もいない場所にロングパスが蹴られて。

キーパーは取れずにそのまま入ってしまう残酷な失態。

気に入らないゴールだったので。

相手チームと相談して。

自分のゴールに1点をわざと入れさせて。

このキーパーの残酷なミスを帳消しにした事件があります。


サッカー。

ペナルティエリア内でキーパーからボールを貰ったDFが。

リフティングしてその拍子にハンドしてしまいました。

審判の判定はPK。

でも相手はそのPKをわざと弱い球で転がして外してくれました。


サッカー。

スローインのボールを適当に蹴ったらゴールに入ってしまい。

それが気に入らないお互いのチームは。

全員が停止状態で。

相手にわざとゴールさせて。

下らないと思ったゴールを帳消しにしました。


エレベーターが停止して老婆と大学生が閉じ込められました。

老婆が立っているのが辛いと知った大学生は。

人間イスになってあげて。

エレベーターが復旧するまで老婆を支えたのでした。

過去に画像がありました。


オートバイで走っていた若者が。

横断歩道を渡れない老婆を発見して。

引き返して。

横断歩道の案内をしましたよ。

過去に画像がありましたね。


反則があったと信じ込んで。

それで。

プレーが止まったと思い込んで。

ボールを手で持ってしまい。

審判にハンドを取られたDF。

そのままPKになってしまいましたが。

相手はPKをわざと外して対処しましたよ。

実話。


サッカー。

ファウルで怪我をした選手の意識を維持するために。

倒れた瞬間に両チームの選手が駆け寄って。

軽く叩いたりして励ました事件がありましたよ。


サッカー。

証拠動画は上の画像をクリック。