偶像崇拝は。

自分は無神論を崇拝しています。

という意思表示です。

偶像崇拝は。

神ではなく。

私が崇拝する偶像こそ本物の神です。

と主張する行為です。

なので。

そういう要らない人物をハメるための仕組みが必要で。

それが偶像なのです。

愚昧への手向けが偶像という仕組みで。

偶像崇拝を犯す者は。

理由もなくガンになったり。

意味不明にこじれて不和が訪れ。

一生苦しみが付き纏います。

自業自得。

愚昧をそうやってハメ殺します。

愚昧になったら復帰させる手段が必要なので。

呪いに支配させて荒療治を試みるのです。

ですが。

両親がそんな愚昧な行為をしていて。

どうしてもそれに巻き込まれてしまうので。

神様に「強制された!」と申告しないと同罪になってしまいます。

神様と一緒に「死者の念」を取り除きましょう。

偶像崇拝で偽神が発生しますが。

偽神は「偶像に込められた念」ですので。

人間ではなく。

愚昧が込めた念そのもの。

偶像を強制でも拝んでしまったら。

申告しない限り。

偽神に支配されますよ。

それでも偶像を崇拝する者は。

いつ訪れるか分からない原因不明の病気と。

死んだら偶像に取り込まれる恐怖に怯える義務が発生します。

偶像崇拝者は仏教で言う成仏ができませんから。

永遠に苦しんでね。