理由もなく苦しみが与えられている。

これはひょっとしたら。

過去の生まれ変わりにおける。

罪の証かもしれません。

罪を背負っているのかもしれません。


精神病や境遇の苦しみは。

罪から来ています。

生まれ変わりで愚かな行為をした。

積み重ねから罰を受けています。


罪が無いひとは平和に暮らしています。


平和であれば罪がない証拠です。

いろんな超常的な苦しみは罪がある証拠です。




罪の基礎知識。

罪は厳しいとか優しいとか。

そういう目で見るより。

硬いか?

柔らかいか?

で見ましょう。

神の裁きは柔らかくて。

ゼリーのようなので。

鉄のような硬い目線で見るのはやめましょう。

とにかく柔らかいのです。

羽毛布団やふかふかベッドのように柔らかい。

柔らかいものだと理解しましょう。




何度も言いますが。

神の裁きは柔らかい。

柔軟に事が進みます。

とにかく柔らかい。

硬く考えると苦しい。

とにかく柔らかい。




神の裁きはやわらかいので。

硬く考えると苦しくなります。

硬く考えて苦しむのはいけないこと。

とにかくやわらかい。



罪の定義。

@的外れ/最初からある正否を明確に外すこと。

A神の法を破ること。

B心や態度を改めないこと。

牧師:中川健一さんからヒントを頂きました。


解説。

@
最初からある正否を外して愚かな真似をすると罪に該当します。

A
神の法を破ったり侵害すると罰せられます。


B
悪い心や態度を改めずに放置すると必然的に報いを受けます。



罪は悔い改めて初めて消えていきます。


悔い改めて。

神に謝罪すれば。

憂慮が与えられます。

そこで初めて贖罪の道が開かれるのです。

そして罪を償って罪が消えていくのです。


自分の罪と戦いましょう。


自分の罪に抵抗し。

自分の罪に血を流すほど抗いましょう。


罪は贖罪すれば償われます。

罪を善行によって償うのです。


贖罪は神様に強制して貰いましょう。


神社か神棚で神様に「私は贖罪します、よろしくお願いします。」

キリスト教ではロザリオと一緒に「神よ、私は贖罪します、よろしくお願いします。」

と伝えましょう。

それだけでは偽神が自分勝手に裁きますので。

偽神が裁かないように伝え。

「正式な裁きがおこなわれますように。」

「不当に裁かれませんように。」

と神様にお願いしましょう。

神社でお願いすると明確にこれが出ます。

神社でお願いすれば。

絶対に間違った裁きは受けません。


「私は不当に裁かれてしまいます、これは必ずそうなる確定事項です。」と書いた。

メモ紙をどこかへしまっておきましょう。

自分の部屋で箱に入れて保管しておくのがベストです。


正当な裁きは本人が耐えられないような苦痛は与えられません。

どこかに優しさが実在します。

不当な裁きは本人を殺すようなできごとばかり起きます。

間違った裁きはどこかに残酷さが見つかります。


良いおこない。

良心から来る良いおこないをやり続けましょう。

神様からチャンスを貰う相談もできます。

贖罪として。

いろんなひとを助けるのです。

インターネット上でも構いません。


愚かなことをしてはいけません。


人が人を裁くのは限界がある。


贖罪をする貴方を攻撃した者は。

神より7倍の復讐を受けます。

偽神であろうが関係なしです。


裁きは神様に頼んだら。

自然に任せましょう。




愚かな行為ならなんでも罪になります。

愚かな行為のみ罪になります。


愚行を犯したとき。

あなたはそれを愚かな行為だと知りませんし。

分かりません。

愚かな行為だと分からないので忘れてしまいます。

なので覚えてないのです。

覚えていないからと言って許されないのです。


それを愚行だと分からず。

罪を犯したので。

忘却して。

覚えていない状態で裁かれているのです。


記憶に無くても心当たりならあるでしょ?

記憶に無いのなら。

心当たりからそれを発見できます。

心当たりならあるでしょ?



西暦2000年を過ぎてから豊かな道徳が育ってきました。

でも。

西暦0〜1500年までの道徳水準は低く。

誰でも愚行を犯し。

愚行と言えば有り触れたものでした。

道徳が育っていない。

道徳不毛の時代に。

愚行を犯して。

いまになって罪に問われているのです。

罪は自分の心当たりから探り。

全容を露にして。

神に許しを求めましょう。



罪があると以下の現象が発生します。


@得体の知れない恐怖。

罪人は特に意味も無い恐怖に襲われます。

些細な事に怯えて取り乱します。

煉罪を持つ者に多い。


A人生の無意味感。

人生に何の意味が無いと思い込み。

自殺に走ろうとします。

人生に何も発見できなくなるので。

苦しみと虚無感が襲い掛かります。


B無理解。

周囲の人々や家族でさえ。

罪人は無理解に襲われます。

誰も自分のことを理解してくれません。

自分もそういった人々を理解できません。

いかなる人も無理解を仕掛けてきます。


C災難に遭う。

数々の荒事や事故が引き寄せられてきます。

通り魔的な人物がいくらでも出現します。

酷い愚行を働いた人物は何かと攻撃されます。

自分も周囲の人々に反発して暴力をおこない。

メビウスの輪のようにほどけなくなります。



囚人病。

意味も理由も無い病で。

寝たきり、衰弱、体力欠如。

原因不明の体調不良などが発生します。

これは患者の罪が原因で起きていますので。

医学で直せません。

直したとしても。

ぶり返して。

前より酷くなります。


偶像疾患。

偶像に侵されて原因不明の病に侵される病魔です。

いきなり事故が起きたり。

いきなり病気になったりします。

意味もなく病に倒れます。

囚人病を形成するひとつの疾患ですので。

人の力では治りません。



贖罪を誓ったら。

忘却してはいけません。

贖罪を忘れて。

一定期間過ぎると。

罰を受けてしまいます。

人の限界ですので。

神様と一緒に贖罪してください。




罪からの救いを求めるのなら。

イエスを頼ってください。

自ら十字架を背負い。

罪人だと自覚しているのなら。

イエスを頼ってくださいね。

イエスは正しき者のために居るのではなく。

罪人のために居るのです。

イエスに祈りを捧げ。

「イエスよ、私を罪から救いたまえ」と願いましょ。

イエスは人神ですので。

必ずあなたを救ってくださいます。




神様に正式な裁きをお願いすると幸多かれ。

「正当な裁き」だと正当化できてしまうので。

「正式な裁き」を依頼しましょ。

正式な裁きは罪があるから罰。

というものではありません。

神の正式な裁きは信じられないもので。

人が理解できるものではないのです。

「正式な裁き」が神に属しています。



冤罪かな?って思ったら。

「自分は冤罪である。」は必ず半分は正解です。

正式に裁かれるハズのものを。

愚者が裁いてしまった事案ですので。

冤罪だと思うのです。

罪は神が裁くもの。

神以外が裁いてはいけません。

冤罪かな?という疑問が出た時点で。

愚かな存在が裁いた証拠ですので。

神にお願いして愚者に訴訟を起こしてください。

不当に裁かれたぶんは取り戻せます。


冤罪は罪において必ず生まれます。

本物の神が裁くものを。

愚なる存在が妨害して冤罪が生まれます。

冤罪だろ!と思った時点で罪のでっちあげがあり。

不当に裁かれた経歴で溢れています。


自分の罪に不満がありましたら。

間違った裁きを与えられた証拠ですので。

神に訴えてください。

「愚かな裁き」が資格の無い存在の裁きです。

司法以外で。

人が人を裁いてはいけないのです。



必ず神様に「正式な裁きをください。」とお願いしてね。

「正当」ではなく「正式」です。

正当な裁きは偽神が正当化してやってしまいますが。

正式な裁きなら正当化できません。

「正式」は正当化できないように出来ています。



神棚に。

「神様と一緒に贖罪します、よろしくお願いします」と伝えてね。

メモ紙にも書いて提出して。

「私の贖罪的行動を強制しても構いません。」とも伝えてね。

神様と一緒に罪を償いましょう。

神様は優しいよ!


神道なら神社のお守りを小袋に入れ。

常にポケットの中に入れて身に着けていましょう。

キリスト教ならロザリオを小袋に入れ。

ポケットの中に入れて。

常に持ち歩いていましょう。

こうすれば死者の念は取れていきます。





確立された贖罪。

@神に贖罪を誓いましょう。

神に自分は罪人だと告白することから始まります。

A正式な裁きをお願いしましょう。

神の裁きに間違いはありません。

B不当に裁かれないようにお願いしましょう。

あなたが偶像を崇拝したことがあると。

偶像があなたを裁こうとします。

死者の念に憑依されているひとは用心です。

C神に「贖罪は強制でも構いません」とお願いしましょう。

贖罪は忘却してしまうのが人のお約束で。

忘却すると神は仕方がなく災難を通して。

思い出させるしかありません。

人の限界がある以上。

神に贖罪を強制してとお願いしましょう。

D神と一緒に罪を償いましょう。

神と一緒に罪を償えば。

どうすればいいかは簡単に分かります。

神と一緒に罪を償えば安心です。

E善行を積んで償いましょう。

人を助けたり。

人を喜ばせたり。

あらゆる善行をして罪を償いましょう。

インターネットでも可能ですよ。

神様がチャンスをくださるので。

一生懸命やりましょう。

F神の合図があるまで善行を続けましょう。

自分で勝手に贖罪を止めてはいけません。

善行を続ければ。

必ず神より合図がありますので。

それまで続けましょう。



罪の種類。


煉罪。

@愚行を犯した罪。

A悪行による犯罪の罪。

B不正や騙しや裏切りによる道徳違反の罪。


天罪。

@この世の作りに反逆したので自滅しただけの罪。

A偶像を崇拝したことによる罪。

B神聖なものを穢した罪。



贖罪は善行を積んで罪を償いましょう。


天罪は神を肯定する。

それを続けて贖罪されます。

懺悔することが大切。

天罪は普通犯すことが無い罪です。



偶像崇拝の罪は。

神に報告しましょう。

神の前で「偶像は悪」とか。

「偶像は独善的です」とか「偶像は愚かです」とか。

偶像を否定しましょう。

神の前で偶像を否定しましょう。

そうやって償われます。


神の前で偶像崇拝とは真逆の行為をします。

「偶像は私を崇拝しなければならない。」

などの言動を並べましょう。

偶像の力が衰えていき。

消滅していくのが実感できますよ。


偶像(先祖など)を敬ってもいないし。

崇めてもいないし。

信仰もしていませんと。

正式に宣言すると大吉です♪


崇拝とは?(辞書)

崇め敬うこと。

信仰すること。



裁判官の資格が無いのに。

人を裁いても天罪になります。

度合いによって多少のことなら大目に見られますが。

裁判官気取りで人を裁くと天罰が降りてきます。


煉罪は愚行すべてが罪になると説明できます。


いま現在泰平に暮らしている人には罪がありません。

いま現在泰平に暮らしている人は一応読むだけにしましょう。


罪によってこの世に神が居ると実感するでしょう。


罪は人の反抗期の象徴。



贖罪して償える罪と。

贖罪しても償えない罪とあります。

行動で償ってさようなら。

なんて甘いものではありません。

そんな仕組みにすると。

計算して償うことができてしまいます。

贖罪して終わりにすると。

本人に恩恵がありません。

この罰には優しさがあります。


罪が施行されると神よりその人に刑罰が与えられます。

贖罪はその刑罰を優しくして。

刑期を短縮するものであって。

刑罰自体は無くなりません。

現実にある司法の刑罰と似ています。


刑務所で説明するのなら。

過去の生まれ変わりが神より裁かれて。

刑務所に収監されます。

贖罪すると刑期が短縮されますが。

懲罰自体は刑期を終えるまで釈放されません。


実際の刑務所で考えてみてください。

例えば。

連続殺人犯が捕まって無期懲役になった。

その殺人犯が善行を300回おこなって罪を償った。

そして贖罪したので釈放します!

なんてことになったら?

殺された人は浮かばれませんよね。

なので刑期を終えるまで収監されます。

これに似ています。




一定期間ごとに罪は吹き出します。

それまでにどんな事をしていたかによって。

災難の度合いが決まります。

現在の罪の度合いによって。

一定期間ごとの吹き出しは決まります。

罪が軽ければ軽く済み。

罪が重ければ大きな災難が降りかかります。


一定期間ごとに罪が吹き出して災難が発生します。

罪の吹き出しによる災難は小さかったり大きかったり。

罪人の背負う罪に比例しています。

簡単に言えば。

罪がその時に審査されます。

審査された通りの現象が発生しますが。

罪が償われていれば。

審査ごとに災難の力は落ちていきます。

神の裁きを依頼した者は償いに真面目ですので。

一定期間ごとに審査が入る際。

災難と罪の段階を落とされます。


一定期間ごとに入る審査で合格すると。

災難と罪の度合いが落とされます。

償っていけばどんどん軽くなります。


一定期間ごとに罪が審査されますが。

審査に合格すると優しくなります。

失格になると酷い災難が与えられます。

どちらでも無ければ保留で度合いによる災難が発生します。

審査に合格すると罪がひとつ許されます。


一定期間ごとに罪の審査が入ります。


現在は愚行が裁かれる時期ですので。

これまでの生まれ変わりで犯した愚行がすべて裁かれて。

刑罰が施行されています。



贖罪して終わりにすると。

現実の刑務所であったら。

甘過ぎますよね?

殺人犯が善行を100回おこなって釈放されたら。

殺された人が泣き寝入りです。

なので刑期短縮などの処置になるのです。

罪も同じです。

神の刑罰も同じです。


贖罪を終えると神に優しくされます。

いろんなプレゼントも与えられます。

いろんなイイモノが与えられて。

刑期を終えるまで優しく収監されます。


優しい収監。

悔い改めて。

神様に従って贖罪をおこなったあとは。

優しく収監されます。

泰平に服役します。

神様に守られて収監されます。

自由は大きく。

「罪について忘れないこと。」という唯一の規則があります。

忘却すると思い出します。

放置して忘却しても優しく復旧されるので。

できれば忘れないでおきましょう。


定期的に「自分には罪があります。」と神様に報告しましょう。

こうすれば忘れないで済みます。

できれば毎日報告しましょう。

忘れないうちに報告をしましょう。

定期的に罪を告白すると道徳的です。

模範囚ですね!

模範囚にして貰えます!




自分の罪に納得行かないのは。

不当に裁かれた経歴が実在するからです。

最初から正式に裁かれた場合。

清々しい気持ちになりますが。

世の中不当に裁く愚者が後を絶たないので。

優しい囚人は納得が行かずに反抗心を抱くのです。

仕方がないので。

我慢してください。

それだけ。


自分の罪に納得行かないのは。

不当な裁きを受けた経歴が実在する証拠。

神の怒りが加害者に与えられます。

落ち度が無ければ。

落ち度が無い相手を攻撃することは許されない。

神の怒りを目撃する。


彼らはあの愚かさなりにふさわしいことになるよ!


優しい囚人を攻撃することはできない。

無理に攻撃した場合。

神が7倍の報復を加害者に与えます。

容赦なく神の怒りを受けます。


「優しい囚人」はこの世の牢獄に収監されていますが。

それで正解です。

刑期が終わるまで収監されます。

それで正解です。


贖罪をするごとに刑期が短縮されますが。

贖罪には限界があるので。

贖罪をやりきったら。

神に保護されて優しくされて。

刑期を終えましょう。


罪人によっては「壁」が設定されていて。

罪が消えて「釈放」されると。

その壁が神によって破壊されます。

なので。

壁を目安に罪人として自分を維持することができます。


罪の度合いは人によって違います。

なので。

自分は重罪人とか勝手に思ってはいけません。


罪をすべて償うと。

神が解放してくれる。

現実を変更して物理的に救済してくれます。

豪華特典付きでおまけ盛りだくさん。


罪とは神を侵害することです。


この資料は神から教わったものです。



すべての罪が償われたら。

あなたはすべてから解放されますよ。