Counterattack

「王権は神から正式に授かったもので、人民によって左右されない」。

王は王である限り何をやっても人民は反抗できず力は無効化される」。


身分は差別ではなく区別である。


人らしさは愚者を断罪し成敗するのみ。

愚行こそが真の罪であり、法律も愚行を犯せし者。

愚行を犯す者を成敗、正義の鉄槌を下すのが人のあり方。

罪は人格者ならば見分けは容易、愚行か愚行では無いか、で簡単に判別が可能。

愚者か愚者でないかで正義はそこに示されています。

愚者は不当で愚者でなければ正当です。

愚行でなければなんでも許されます。

正義は愚を犯す者を討ち取る尊い使命なのです。


悪人は裁いても愚者は裁かない。

愚者を放置すると社会が歪んでいきます。

だめじゃん!!

社会も発展途上なので。

法律も発展途上です。

今後の進化に期待。


※集団や両者どちらかでは証言関係無くより愚かな者を成敗すれば正義ですよ。


※法的証拠ではなく愚か者ならなんでも成敗すれば道理。


状況証拠で突くといろいろ炙り出てくるので容疑者相手にとっとと使いなさい。

証拠が無くて証拠が欲しいのなら状況証拠だけで刺激すること。

状況証拠は逮捕には使えませんが正しい詮索には有益で必殺技。


日本国憲法第9条は論理が根本的に矛盾しています。


日本国憲法第9条では解釈として敵国や周辺国へ無条件降伏が可能です。


侵略国が日本国憲法第9条を突きつければ。

無条件降伏を強制されます。

日本を攻めたければ。

敵国は日本国憲法第9条を持ち出せば。

日本政府は無条件降伏を即座に認める義務が生じます。

戦争を放棄すると公認したので有事の際、一切の戦闘行為を禁ずる。

※戦力の不保持により武器は持ってはいいが発砲と戦闘行為は法律により認められません。


戦争の放棄は現実的に不可能ですので酷い妄想です。


平和&第9条はどんな精神障碍者が考案したのかなあ・・・・。


警察へ、権現様が警察と司法を成敗したいそうなので。

武士の英霊に斬られても文句は言わないでね。

強烈な法則が働いても驚かないほうがいいですね。


斬奸状。

警察と司法、政治家、平和主義者は理に適ってないので条理で成敗する。

※武士道吟味。
法律は平民限定。
身分が高い者は別に下の者を斬るのに理由はいらない。
統治に支障ありとなると上の者でもお咎めあり。
斬っていい者は理由なしに誰でも斬れる。

法律は愚者の味方をしている支配者。
法律の上にある大名や将軍が不在な為。
人々は逆に法律に支配され因果律から逃れられない。
法律はいまだ未熟な面があり。
今後の発展に期待されたい。

身分制を無視したのが愚昧でもっとも大きな罪。
ちなみに普通にしてれば別に何も平民は怒られない。
つまらない粗相なら平民が素直に出れば斬る者はいないし別の方法で済ます。

警察も司法も武士道を極めておらず。
それ故に道理に添えず支配を受ける。

愚昧を犯し続ける社会システム自体が警察に不義を強要する。

士道不覚悟によりては天誅が降りる。

警察は宥免。


素戔嗚尊(スサノオノミコト)荒神様。


法律すべては警察官が武器として装備とする。

それは暴徒及び乱暴者を成敗する為の武器である。

法律は警察官及び司法の私有物である。

法律に従ってはいけない。

法律は人が使用する武器の名称である。

法律は警察官及び本物な司法の私有物/武器である。

自衛隊員等。

威力警備部隊は法律を手なずけ、有利に使用可能。

作戦行動中は法律こそ謹慎となり。

平時は法律を有効活用することによって面倒を回避可能。

政治家は法律を護身としての武器として。

又は鎧として法律を所有でき、無駄な失脚を防ぐ防衛が可能。

正当な者のみ法律を所有物化することができるとする。

神の正式書文。