かつてのアダムとイヴは善悪を持つその愚行によって。

エデンの園を追放された。

お前たちも同じ道を往け。


黒き地獄。

人々は平穏を求め。

何も変わらぬ悠久の時の中で。

道を失い。

苦しみあがき。

死んでいった。


黒き天使。

他力本願から。

己の弱さに屈服し。

人々は殺し合い。

救いを求め血に染まった。


黒き銃神。

戦争に賭けた想いを裏切り。

力を否定した者達は。

力ある者すべてに支配される道を選び。

暴力への服従を選んだ。


アポカリュプシス。

かつての人間は善悪から逃れられず。

黙示を克服できなかった。

故に天国を求めて止まず。

黙示という名の罠。

終末という名の罠に貶められ。

進化を怠り。

アダムとイヴと同じ道を辿った。


あの者達は何を考えているんだい?

矛盾だらけだよ、あの行動は。

まるで帰る場所を失って泣き喚く子供のようだ。


守るべき者はみんなじゃない、自分なのよ。


そろそろ人間を見限ったらどう?


戦うことで人の意志は確立する。


悲嘆と苦痛にまみれるキミの記憶。

しかし真実がそれは無かったとキミに命令する。


暴虐の民。

いつか実在した民主を絶対視する暴徒達。

地上天国という理想郷を求めて暴虐を繰り返し。

狂乱の中で消えて逝った。


平和主義者は何をやっているのかなあ。

まるで夢物語が実在すると言い張る。

小学生のようだよ。


ペンで戦うと誓ったマスコミは。

今現在ペンで人を殺している。


人の歴史は血まみれと言うが。

当事者はみんなこう言う。

「いい青春だった!」


かつての日本兵は国の為に時代を創ろうと真剣だった。

純粋な魂が揃い、国民ひとつになって次の時代へ想いを馳せた。

その意志は否定され。

愚者の巣窟で汚され。

俗人の元に卑下された。


ベトナム戦争。

アメリカの敗北ではなく唯一失敗した作戦。

負け犬ではなく。

国民全員の失敗。

それを知る由もない。


イラク戦争。

戦う意味を見い出せた者は男らしく。

意味が分からない者は恐怖に怯えた。


戦争に善悪を持ち込む者は地球に居てはならない。


人類は己の過ちに気づかず。

改めず。

やり直しも拒んだ。

これではダダをこねる子供だ。


倒幕した者達はこんな妄言を言った。

「暴力の時代は終わった!」

それは新たな暴力の時代の幕開けだった。


古代より人は神の存在を知り。

神に祈りを捧げた。

故にたくましく。

聡明であった。


現代に誇れるものは科学力のみ。

それ以外は誇れるものではない。


無神論となった人類は盲目だよ。


目の前すら全く見えない人類。

だから勝手放題にあちらへこちら。

ぶつかっては転倒し。

怪我した怒りをぶつかったものへ向ける。


人類は自業自得。


古代エジプトも江戸時代も誇れたものだった。

人類の黄金時代。

それを黄金だとは見れず。

現代という価値に貧しい時代を許し続けた。

人類はいつしか子供へ還った。


人類はすぐに大人になり。

そして子供へと退化していった。


人類は。

アダムとイヴよりも酷く。

地球から追放されかねない存在である。


徳川家康が夢見た新たな時代は裏切られ。

堕落の底に家康は否定された。


織田信長が確信したひとつの人類による到達点。

それは裏切りの大火で燃やされ人々は道を違えた。


ナポレオンの純粋な意志による解放戦争は。

後々による市民の悪意により。

涙と叫びによって焼滅した。


人々は願って止まない。

「いつか理想郷が作られ安心して暮らせますように!」

そして願いは呪いとなった。


平和なんて言う。

自分達の理想郷を作ろうとする。

邪な野望は許されない。


平和の先に待たれているぞ、今度こそ、天獄の傀儡となるがいい。


お前には欠けているものがある。


哀れにも迷いし愚者達よ、土塊に戻るがいい。


暴民よ。

因果地平の彼方へ消え去れ、汝に憑りついた者と共に。


枷からの逸脱が、お前の宿命であるならば。


マヴェット・ゴスペル。