困った微笑みであなたに魔法をかけます♪

正しいことになーれ☆


運命はあなたの味方。


本物の運命は味方ですよー。

運命とは?

その存在のあるべき姿へと導く条理のことなのです。


運は条理によってもたらされるのです。


運は本来神に属します。


偽物の運に頼ると途中で落とし穴に落ちますヨ!


偽物の運は勢いがあるのですが。

最後には裏切られます。


運も実力のうち。

運はそのひとのスキルであって。

神様の助けからくるのです。



運は神様から貰う神運と。

自分のスキルとして身に着ける強運があります。




選択肢があるのは危険です。

選択肢が提示されたら。

二択以外の選択肢を取らないと。

ワナにはめられます。

「あの時こうしていれば良かった!」と言いますが。

結末はいまと同じです。

その場合、選択の余地は無く。

自動選択ですから。

自分の選択が完全無欠であって。

選択肢があった場合は異常ですよー。



選択肢の避け方なのです。

二択が提示されたら。

必ず二択以外の選択肢を取ってね。

例えば。

ケーキかプリンかどっちにしよう?

なんて思ったら。

エクレアかシュークリームにしましょう。

そうすると後悔がありません。

二択以外の選択肢を取るともっとも賢明な選択ができるのです。



将棋で言う「詰み」など現実に存在しません。

「人生とやらに詰みはある!」なんて言いまくると。

愚直なせいで回り道をすれば通り抜けられる事がわからなくなります。

大回りすればなんでも通り抜け可能。

箱根の関所が占領されているのなら。

北陸の新潟から回り込めばいいだけ。

しかも確実に通行可能ってぐあい。

「人生に詰みはあるから諦める」なんて妄言はやめましょう。

この世には神が居ますので。

詰みが作られても即自然崩壊しますよ。




人生に反則を犯すと難無く壁を殺せます。

チートを使えば最強絶対無敵。




目の前に壁があれば。

壁を超えようとする愚者はすぐ死ぬ。

壁を避けて回り道するのが賢明だけど。

別に草むらに突進して壁を避けてもいいんじゃん。

卑怯な方法で壁を避ければOK!


宿命/運命の秘密
敵は人にあらず。

まとめ。

人生は無法地帯。

人生にルールなんて無いんだよ?


運命ちゃんのつぶやき。

運命は平等で公平。

運命は全員にチャンスがある反面。

全員が勝つわけではないよー。


運命ちゃんは女の子です。


本当の宿命は神様が決めるもの。

本当の運命は味方につけるもの。



「運も実力のうち」

運に頼ると自滅します。

運に依存するとハメ殺されます。

ワナ。

「本当の運」は実力とひとつ。

運も実力のうち。


運命ちゃんは。

相当な気まぐれなので。

良い意味でも悪い意味でも。

気をつけてね♪

僥倖があっても知らない。

運命ちゃんは偶然で遊ぶイタズラが大好きですから♪


運命は変えるのではなく。

運命は味方につける存在です☆



運命は神を信じる者の味方〜♪




必然によって運命は決まるのです。

不幸は罪から現れて。

幸福は自分の努力の賜物。

運命は必然の賜物なのです。




運命はあなたを自由にしようと必死なのです。



運命とは条理のことである。


運は条理。



人生の小説は生まれる前から決まっていて。

小説に書かれた通りに人生は進行します。

少しでもズレたところがあれば。

修正する力を加えます。

人が運命と呼んでいるものは。

人生の小説のことです。

この小説は人の一生を支配するには充分な効力を持ちます。

反面。

予定外の行動を取られると。

あっけなく破損します。

破損したまま進行しようとして。

もはや機能していないのに修正を加えようとする。

異常性もあります。

壊れたロボットのようですね。

かなり入念に組まれた計画書のようなものです。

その人を封殺したり。

支配したり。

その人に効果抜群のように組まれていて。

その人がやり得る行動をあらかじめ読んで計画しています。

このような人生の小説は非凡な人に多く見られます。

普通の人には人生の小説は少なく。

ほぼノーガードです。

実は。

人生の小説は壊そうと思えば壊せます。

からくりが分かれば物の流れで人生の小説を見破れるので。

上書きや書き換えに弱い面があります。

人生の小説は破損に弱く。

一度破損すると。

壊れたまま進行させたり。

もう機能していないのに修正を加えようと必死になります。

人生の小説は破損に弱いという絶対的な弱点があり。

卑怯な手を使われると為す術が無かったり。

弱点を突かれると完全崩壊して消えます。

ラーズグリーズは人生の小説による計画を壊します。

それは常に。

いつでも。




あなたが。

神から見て善ならば。

運命はあなたを救います。

常に良いことがあると。

楽しみにしていてください。


神から見て。

悪をおこない続ける人に。

運命は残酷に微笑む。


悪をおこない続けるほど。

運命は残酷になっていく。


悪をおこなえば。

最後には。

自分のやったことを。

自分で受けます。




苦しみも。

いつか終わりが来る。


善悪に運命を握られる人々。


なぜ。

善悪に運命を握られるか?

ですって?

善悪とは。

やってはいけないこと。

やっていいこと。

の判断です。

善悪で正しさの判断はできません。

だから。

自分にとって正しい行動が取れず。

流されるからです。



未来はまだ生まれていない。

追いかけるほど。

実際には無いものを掴もうとする。

未来は実際には無いと言いますか。

未来は自分で創るものです。

未来とは創っていくものです。

自分で創った未来は裏切りません。


過去の証人は。

「記録」があるのみ。

記録はすべてを語る。


未来を神に任せる姿勢が喜ばれますよー。


少し先を読んでも。

未来はあざ笑うかのように。

良い意味で裏切る。


神道の信者とクリスチャンは。

未来について。

何がどうしても。

神の御心の通りにしかならない。



神の祝福を受けた人は。

運命が味方になるよ。

運命はいつも。

良いものを運んできてくれます。


神と繋がると。

運命は神のものに上書きされる。


運命が敵になるときは。

決まって。

あなたは悪いものに乗っています。

自分の中の悪いものを取り除いて。

悪いものから降りましょう。

悪いものから降りるだけで。

運命が変わりますよん。


宿命。

前世から決まっている運命。


運命とは。

「ものの成り行きで命が運ばれる。」というもの。


本物の運命は。

神に属しています。

神に由来していますよ。



いますぐ幸運になれる方法をお伝えします。

それは。

「運を天に任せること。」



全員。

ものの成り行きで運ばれたり。

堕落したりします。

何か制御をかけたり。

選んだりする自由がないまま。

すべてが成り行きです。

成り行きで成功したり。

成り行きで犯罪者になったり。

とにかく自由が効きません。

すべて成り行きで運ばれてしまうのです。

悲しいことに。

ここに自由というものがないのです。

その判断をはじめて可能にするのが。

「義」です。

義は常に正しさをくれて。

正しい行動をもたらします。

これでやっと。

自由を手にするのです。

義によって。

正否の判断がつくので。

制御が可能になるのです。



人は善悪に運命を握られているのです。

神の善悪ではなく。

人の善悪で。

善悪で正否を決めますので。

正しい行動や選択ができず。

流されてしまう。

なんでも善悪で。

正しいか正しくないかを判断した結果。

愚かな基準で自分を裁いてしまったり。

ここはこうだろう。

なんて理屈をこねて。

判断を間違う。

こうして成り行きに支配されてしまう。



人が言う運命とは。

人の善悪で出来たもの。

善悪で正否を決めるので。

一定の方向にしか行けないし。

舵が取れない船なのです。

なんでも善悪で決めるので。

流されるまま。

選択が必要な場面が来ても。

善悪で正否を判断するので。

容易に道を間違える。

その繰り返しで。

いつしか道は険しくなっている。

山岳地帯に迷い込んでいるのです。



人の歩みは神によって決められ。

自然の成り行きでめぐっていく。


自然の成り行きを知り。

認めるとき。

人が持つ自然性が。

もたらされる。


本当の運命は。

大名のかご。

行きたいところへ行かせて貰えます。

街道をただ歩くことも。

お城で暮らすことも。

旅行をすることもできます。

大名のカゴなので。

行き先は自由。

あなたは従者に運ばれ。

自由に自分を運びます。


こうしてあなたは。

運命について知ることができ。

良い意味で解放を得たのです。