生徒を自分の子として認めることができるのなら。

君は教育において、必要不可欠な人材である。

師匠と弟子、これが暗黙で成立しているのが今の教師。

いまの。