エデンの園。

神は人を創り。

エデンの園に住まわせました。

しかしひとつだけ約束がありました。

善悪の知識の木の実だけは。

食べてはいけないという約束です。

最初はそれを守っていた人ですが。

そこに邪悪な知恵を持ったヘビが現れて。

エバ(英語読みでイヴ)を惑わして。

エバは善悪の知識の木の実を食べてしまいました。

アダムもそれを食べてしまい。

他の人たちも同じく食べてしまいました。

そこで神は人をエデンの園から追い出されました。


アダムとエバの子であるカインとアベル。

カインは兄でアベルが弟です。

それぞれ捧げものを持って。

神の前に立ちますが。

神はアベルの捧げものに目を留められました。

カインはひどく怒り。

アベルを誘い出して殺してしまいます。

カインは正当化を試みますが。

失敗。

罪を負い。

荒野を彷徨い歩く者とされました。


善悪の知識の木の実を食べたアダムとエバとその子孫は。

自分たちの世界を創りましたが。

それは悪と暴虐に満ちた世界であって。

地上を見ておられた主は。

心を痛められ。

人を造ったことを悔やみました。

そして地上を滅ぼすことにしましたが。

ノアは神の心にかなった人物でしたので。

箱舟を作らせ、ノアとその家族を生かしました。

大洪水が地上を覆い尽くし。

アダムとエバの子孫は根絶やしにされ。

神の心にかなったノアから、人の世は始まりを告げました。