この世界を造った根源的な神「創造神」



神道では宇宙神である「あまのみなかぬしのかみ」から創造神について知ることができます。


創造神は言語で説明できません。

人の常識が通用しません。




でも創造神に気づくと。

創造神はひとつになってくれる。




創造神とひとつになれる。

するとゆりかごの中で揺られているような。

尊い安心感が訪れる。

理屈が通用しないことが逆に美しく嬉しい。

不思議で尊いその瞬間・・・・。



「この世界は神が作った。」

「宇宙はどうして誕生した?」

とかは疑問ではなく「疑い」であって。

神を疑っているだけ。

神を信じてみれば。

神とひとつなれます。

すべてが分かるのです。




「すべて」の意味を誤解していた。

それだけ、それだけ・・・。




創造神は自分とひとつ。

壮大なことではなく。

もっともみじかな尊さの出来事。

創造神はみじかなことなのです。




考えたら逆に分かりません。

思考しているのに思考していない状態がいちばん健康。

創造神は考えて解釈するのではなく。

見て感じるのです。




創造神は。

知るのではなく。

理解するのでもない。

説明も違い。

解釈は間違い。

考えるのは過ち。

見て感じるのです。


創造神は宇宙とひとつ。

創造神はすべてとひとつ。


創造神はキリスト教だと聖書に登場しますよ。

創世記の言葉で登場しています。


宇宙の果てには創造神と対面する空間があります。

真っ暗な空間に大きな光があって。

目の前の柔らかい光が神で。

神意が伝わってくるよー。

いつでもそこに飛べます。


この世の果てには神が居た。


この世を造ったのが創造神。


創造神を知らないことを無神論と呼びます。


創造神は宗教を問いません。

無宗教の人も信じられます。


news。

自然災害が多発していますが。

人類は「退化」という滅亡要因を持っているので。

神はいまのうちに荒療治しています。

人々の愚かさが容認できないレベルに達したので。

いちばん愚かな場所から自然災害を順番に起こしています。

治らなければ人類は退化して滅亡します。




創造神は正式な宗教では唯一神と呼びます。



神は理屈で説明できないのです。

でも。

確かに。

この世には神が居ます。



神に理は及びません。

理屈ではないところで。

わたし達は神を理解することができます。

そこに必要なのは。

勇気と賢さと優しさです。


この世界を造った根源的な神「創造神」


創造神はすべてとひとつ。