イエス・キリストは神道で説明できます。

イエス・キリストは人神、または現人神です。

このようにして。

イエス・キリストをこの世に蘇らせることに成功しました。

イエスは崩御して、キリスト教の神の一柱となったのです。

罪を司る神として説明ができます。

神道では菅原道真のように。

一度、人として現れて、人の世界の歴史に遺り。

神に還るやり方をする神様がいらっしゃいます。

イエスも同じです。

これで説明できました。

神道とキリスト教は親友なので。

聖書から道徳訓を学び。

真理を得ることができます。

また、神道の信者でありながら。

キリスト教を信仰するのは許されます。

しかし、洗礼を受けてはならない、という条件付きです。

道徳の勉強や真理の体得は。

キリスト教を頼らないと困難です。

神道の信者も。

キリスト教に触れて、聖書で学ぶことは必要なことです。

日本の神様はキリスト教の神と連携します。

キリスト教からもたらされた真理は。

神道の信者も知っておかねばなりません。

生きる上でとても重要な道徳を得られる聖書は。

神道の信者にとっても。

真理の教科書。

道徳の教科書として。

読んだほうがいいものです。

イエスを復活させたのは神道でした。

誰でもイエス・キリストに祈りを捧げれば。

罪は赦されます。

イエス・キリストはいまも実在する現実を知りつつ。

神道とキリスト教の良い関係を広げていきましょう。