不老不死の手引書。


聖書では。

「命の木の実」が登場します。

これを食べると。

永遠の命が得られると伝えられています。

善悪の知識の木の実を食べたアダムとエバですが。

永遠に生きてはいけないと。

主は。

命の木の実への道を天使ケルビムに守らせました。

つまり。

永遠の命はキリスト教の教義としてはあり得る。

実在するということです。

原罪が赦され。

人が神の元へ帰るとき。

もしかしたら命の木の実を食べることを許されるかもしれません。

そのとき。

人は永遠の命を手にします。

キリスト教の教義として。

永遠の命は実在すると伝えられています。