凡人さんへの手紙。


才能とは言いますが。

あなたがたは。

なぜ自分を鍛えないのですか?

なぜ生まれ持った才能だけで勝とうとするのですか?

武者修行をすれば。

天才を超えることは可能だと知っています。

生まれながらの才能に頼って。

鍛錬を怠れば。

初期能力ですべてが決まって当然でしょう。

それとも。

才を得たいというお願いは、本心ではないのでしょうか。

誰でも自分を鍛えれば、天才になれます。

必要なのは根性です。

才能とは向き不向きがはっきりするもので。

自分の得意分野を開発した人だけが英雄になれます。

では。

才を得るのは厳しいのでしょうか?

絶対にそんなことはありません。

自分を鍛えて。

武者修行を重ねて。

いつもより多く学ぶのです。

良書を読み漁って。

様々な知恵を手にするのです。

ここで。

良書を読むことは才能のはじめだと思ってください。

頭のいい人は。

自分独自の訓練方法があることを知っています。

あなたにもあるのです。

では、才を得るのは難しいことなのでしょうか。

なんでもやってみるだけでいいのです。

自分のやり方があります。

自分独自の才があります。

自分の持てる才を獲得するのです。

自分の得意分野だけやってください。

では。

ベートーヴェンクラスになる必要があるのでしょうか。

絶対にそんなことはありません。

その人固有の才能があるのです。

ピアノが上手な人と。

ピアノが弾けない人が居ます。

ピアノが上手な人は、鍛えれば、天才クラスになります。

ここで大切なのは。

普通の練習ではほとんど伸びないことです。

猛練習でも難しくなります。

才能は修行をしないと身につかないのです。

さて。

その人。

ひとりひとり。

自分の才能を持っていることは。

秘密にしておきましょう。

ひとりひとり才能を持っていて。

発掘せず、開発せず、鍛錬せず。

埋もらせて、宝の持ち腐れ。

全員がそうしていることは。

秘密にしておきましょう。

才能とは普遍です。

また、人を選びません。

えこひいきはされず。

平等に存在し。

嫉妬に終わらせません。

努力に通じ。

鍛錬を重ねる人に微笑みます。


これらのことは未知なるもの。

自分の才能を発見することが。

すべてのはじめです。