記憶の中の儚かったあの若き日、やり遺したことはある、でも戻りたい。

いや、いつでも戻れる、君の年はいくつ?

20?女の子なら制服は着れるよね、大人の女性の制服は魅力が深い。

男性なら、もっとキメてみようか。

40?年齢相応の恰好をしてみよう、年齢に合った中でベストを目指す、それが賢明なのです。

スポーツだって、年齢に合わせたベスト、AGEベストなら、まだやれるのですよ。

あきらめる、いや自分を見捨てるのはナンセンス。

過去の選択も、始めから選択権はなかった、若い小僧にまともな選択などできるものか。

大人になって、それから選択権をみんな得る。

それなら失敗を上手に利用してしまいましょうか、元をとれば損害なんて凌駕致します故。

君は体は老いても心は老いない。

若き日のあなたのように、純粋に走り続ける。

あなたが還りたいその日。

あるのではありませんか?

もう過ぎ去った?

まだですよ、まだ終わらんのです。

その日に還るのですよ。

思い切ってその日へ還るあなた。

その日のあなた自身ともう一度出会い。

その日残したすべてを受け取り、もう一度走り出す。