小説と物語は違います。

小説はいわゆる主張で。

主人公が主観ですが。

物語は読み手が主観なのです。


物語は一度世界をすべて造ってしまって。

それを説明するものです。


物語は説明するだけ。

物語の本質は説明。


物語は説明するだけなので。

簡単。

難しい要素はひとつもありません。


物語は小説を反転させたもの。


こういう世界で。

主人公はこういうことをしていて。

こんな仲間がいる。

そしてこうなりました。

というのが物語の流れです。


物語は。

状態を筆者に依存しません。

筆者の調子が悪くても書けます。

つまり。

ノリノリじゃなくても偶然いいようにまとまります。


物語は。

偶発的に発生しますので。

できごとは偶然に依存します。

ネタは偶然に依存します。


何か思いつけば。

全部書けるのが物語。

何か説明を思いつけば。

なんでも書けるのが物語。


物語は別の意味で。

自分で執筆をコントロールできます。


物語は短編向きです。

長編を書くのにはあまり向いていません。


物語の終わり方。

@主人公は仲良く暮らしています。

Aめでたしめでたし。

B革命が起きたのでした。

Cこういう結末になったのでした。

Dこうなってしまったのでした。


物語の書き方。

○○に○○というキャラクターがおりました。

○○はこういう生活をしていて。

こういう世界に住んでいます。

ある日、事件かできごとが起きて。

主人公は仲間と遊んだり。

事件を解決します。

主人公はこういう結末になったのでした。


物語は偶然に支配されています。

そこがイイ所!

執筆は偶然から生まれ。

物語は偶然から描かれます。


物語は偶然。