女性はこれまで夫を求め。

夫と一緒に家事から出産。

育児と身を捧げて一生を終えてきました。

こう見ると。

女性は子供を作る意外のことはできない。

と批判されることでしょう。

女性は子供を作るだけ?

果たしてそうでしょうか?

かつてのジャンヌ・ダルグは男性顔負けの軍略で圧倒。

フランスに勝利をもたらしました。

かつてのナイチンゲールは機転を利かせて努力を続け。

英雄と称えられました。

かつてのマザーテレサは人智を超える有能さを発揮し。

ノーベル平和賞を受賞しました。

女性もやろうと思えば。

このくらいのことはできるのです。

偉人には及ばなくても。

活躍できるのです。

歴史上の偉人がそれを証明しています。

女性は怖じ気づいてやらないだけです。

神は果たして。

男性だけを優秀に作ったのでしょうか?

神話には女神がたくさん登場します。

男性のほうが優秀という考え方は。

不平等です。

神は不平等ではありません。

これまですべて男性だけでやってきたのです。

これから女性の時代になるにつれ。

これまで明かされなかった女性の秘めたる力が現れるのは。

自然な流れですよ。

現代も歴史の1ページに過ぎず。

男性は未だ女性の本来の力を知りませんし。

神は男性だけ一方的に作ってはいません。

女神様の存在がそれを証明しています。

神話の女神様は主宰から戦神まで多彩にいらっしゃいます。

女性こそ神を求めるべきです。

歴史を見る限り。

女性は原罪によって身動きができなかったのでしょう。

夫を無理に求めて。

結婚家事出産と繰り返し。

それが正しいと思い込んでいましたから。

何も疑問を持たずに。

勝手に正しいと言われた生き方を妄信し。

結婚家事出産を繰り返していたのです。

それから解放されて。

原罪から自由になったとき。

女性は自由を得て。

女性たちの歴史は開かれるのです。