良識が絶対主。


良識がなんでも正解。

良識は通用する正論であります。

とうぜん現実しか見ません。

通用しなければ失敗。

良識は実際通用し大成功しなければ良識ではありません。


常識は思想のことであると結論づけられた。

常識の正体こそ思想であると見破られた。


常識なんて醜悪であり。

エゴの塊です。

常識は間違い100%で出来ています。

何しろ愚者が常識をつくったので。

もちろん常識は欠陥品です。

頭が悪くなければ常識なんて使いません。


善悪なんてものは数で決まります。


所詮正しい間違いは数で決まります。


死刑囚が大半なら善良市民は死刑になります。

善良市民が大半なら死刑囚は全滅します。

世界に人間よりオオカミが圧倒的に多ければ人間は獲物としての存在でしかない。

世界に人間が多ければ人間はオオカミを捕食するだけ。

世界に猿のほうが大半なら。

人間は猿に服従しなければならず猿の支配を受けるが。

人間が大半なので猿は人間に都合よくつかわれる。

法律?それ数で決まってます。

数こそ正義!なんですねー。

何もしていない善良市民が多ければ善良市民こそ正義ですが。

悪党が多ければ善良市民は犯罪者であり。

悪党が正義です。

死刑囚が圧倒数なら善良市民は悪となります。

こうなると死刑囚は正義です。

善良市民が大半なら死刑囚を悪とします。

こうなると善良市民が正義です。

世界の正義はつかえないね。


正義ってなんだい?

正義も数で決まります。

それ正義?

はー。


法律のせいで秩序が引っ込んでしまいましたよ。


「人殺しはいけない!なんて事のなんたるやが理解できないから一括した無能論。

暴力的な者は本来殺してもいい。

でもどうせ基準がわからないほど頭からっぽだから。

仕方がなく法律で禁止した?結果分別なく守りまくり。

テロリストまで守ってしまうのが法律。

ぶぶっ!!

法律は滑稽。

テロリストまで「殺しはいけない!」と守るので。

ぶぶぶー!!

大笑い!!

しかもテロリストと判定されなきゃやりたい放題!!

たとえば政権を独裁者なしで乗っ取っとりもできちゃう。

当然法律に事実上のクーデター軍は守られます。

事実上の殺人犯や事実上のテロリストも法律が守ります。

法律で犯罪判定されなければ世の中荒らしても法律が守ってくれます。

失笑。


時空警察物語!

鎌倉時代に警察官がタイムスリップ!

しばらく農村を歩くと。

農民がサムライ3人に斬られた!

警察官3名が苦情をつけると。

サムライ3名に警察官3名はぶんなぐられた!

抵抗したら殿様の軍隊が通りかかって。

追い掛け回されて。

時空警察だからと警察官3名は罰金刑となりました。

次に中世イタリアに赴きましたが。

到着早々すぐに市民数名と平民が争っている現場に出くわし。

鈍器でバカチンみたいなのが全員殺されました。

警察官がいちゃもんをつけると。

市民に集団リンチされ。

役人が来て警察官が連行され。

危うく投獄されそうになりました。

役人「道理がわからないのか現代人とやらは!」

警察官「一応法律というより人殺しですし・・。」

役人「貴様!正義を否定するのか!」

今度も時空警察だからで釈明。

時空警察は罰金を支払わされました。

各所から「時空警察なんて愚かな奴は来るな!」となり。

タイムスリップ不能となりました。


秩序なんて表面上だけ成立しているだけに過ぎない。