平和は現実になります。

平和とは尊ぶべき大切なものであり。

人の生きる指針であります。

平和があってわたし達の生活があり。

平和があってわたし達は生きることができます。

平和があってわたし達は存在することができます。

平和でありたいのなら。

丸く収める努力が必要です。

平和でありたいのなら。

平和を大切にしましょう。

平和への祈りは神にするもの。

平和を得たいのであれば。

神に平和を祈りましょう。

世界に平和を求めるのなら。

世界平和を知るならば。

まず戦争を知らなくてはいけません。

戦争は仕方がなく起きます。

お互いの正義がぶつかり合い。

譲れなくなる。

そうなると決闘で決めるしかありません。

戦争という名の決闘で正しいか正しくないかを決めるのです。

実は戦争は正しい方が勝つという法則があります。

力と力のぶつかり合いでは。

必ず正しいほうが勝つのです。

むかしの戦争は。

自由に時代を創っていくものでした。

戦争は時代を創る最高の手段であり。

そうして人類は進歩し。

文明は進んできました。

近代になり。

戦争は巨悪を討つようになりましたね。

第二次世界大戦は正義と悪が戦った戦争で。

正義が勝ちました。

ナチスという巨悪は倒され。

日本に巣食う集団独裁者も倒されました。

現代はお互いに譲れないから戦争が起きています。

少し前は先進国が独裁者を攻撃していました。

独裁者が倒されることが多いですね。

もしかしたら戦争は。

必要な場合に駆られておこなわれることがある。

そう感じます。

これまで男性がやってきました。

男性のやり方が歴史に現れていますよ。

歴史は男たちだけでやってきたのです。

男のやり方は歴史を見ればよく分かります。

ああして進化を得て。

男たちは文明を築いてきました。

男性によって文明は創られてきた。

男性の輝かしい歴史がここにあります。

そして男たちの歴史は終わり。

男性は女性にバトンタッチをおこないます。

女性のやり方では戦争は起きません。

女性は母のように包むやり方です。

男と同じやり方はしません。

すべて丸く収めるのです。

女性が世界を支配するようになると。

戦争の必要性が無くなるのです。

女性優位の社会では。

戦争を起こす必要がなくなってしまうのです。

世の中全体の争いも激減します。

女性のやり方は争いを生みません。

女性は母のように包むやり方ですので。

男たちは安心して。

争いを起こそうとはしません。

女性が統治すると。

なぜか男たちは落ち着くのです。

その結果。

世界平和が訪れ。

なおかつ女性によって。

文明が築かれ。

時代は進んでいきます。

世界平和はこうして達成されます。

平和と聞くと。

よく武器を捨てなさいとか言われていますが。

むしろ武器があるから平和が保たれているのです。

武器があるから。

戦争ができるから。

自分の国の正義が守られ。

自分の正義や主張。

考え方や権利が守られています。

武器があるからわたしたちの暮らし。

平和が約束されているのです。

武器を無くせば。

わたしたちは何者かの支配を受け。

言いなりになり。

服従の道を歩みます。

人類の敵は人類の中にいるのです。

武器を無くせば。

人類の敵に貶められ。

わたしたちの自由は踏みにじられてしまいます。

武器は平和のためにある。

兵士は平和のために戦っている。

そうした事実を無視するような愚かさはあってはなりません。

戦争があって世界が保たれている。

戦争反対を訴えるのなら程良くやりましょう。

では。

どうして平和を求めればいいのか?

戦争とは男性優位社会の象徴なのです。

戦争は男たちの輝かしい歴史であり。

戦争は男性がやるものです。

戦争の歴史は男たちが自分の正義を信じて。

時代を創った歴史。

男たちの歴史から。

女性の歴史にうつれば。

戦いの歴史が終わり。

次の歴史が幕を開けます。

戦争は男性優位社会の象徴であり。

女性の時代にうつれば。

男性から女性へのバトンタッチが成されれば。

戦争をする必要がなくなり。

念願の世界平和が訪れます。

平和な世界で。

女性が活躍し。

高度な文明が築かれます。

女性の力で時代が創られ続けますね。

平和とは女性の時代にうつる必須条件です。

現在。

各国は戦争をする気がありません。

戦争回避に尽力しており。

戦争をするムードはなくなっています。

みんな平和を好んでいますね。

平和とは。

命が存在できる環境のことだと思います。

誰も争いを望んではいません。

無益な戦いならなおさらでしょう。

争いは必要な競争だけに好まれ。

好き好んで不必要な争いを生み出すような人は居ないのです。

平和を尊ぶことは人が持つ神聖であり。

平和こそ人が存在することができる条件なのです。

平和は神に祈れば得られます。

貴方が平和を求めるのであれば。

神に平和を祈れば。

与えられます。

平和の尊さを知るでしょう。

平和への祈りは神にするもの。

平和があって人は生きることができます。

人は平和的な生き物であり。

平和を望む意思は人の本性なのです。

平和を生み出すには。

丸く収める意志が大切。

平和が生まれる方法は。

両者納得できる結末を得ること。

両者納得できるから争いが生まれる余地が無いのです。

時には神に仲裁して貰う努力も必要です。

丸く収まれば平和が生まれます。

平和を尊び。

平和の大切さを伝えながら。

わたしたちは新しい歴史の始まりを。

快く迎え。

女性の世の到来を祈り。

各自、尽力するとしましょう。

平和は現実になります。

それは平和の神と共に・・・。