原罪とは?

エデンの園で善悪の木の実を食べてはならない。

主はこう仰せになりました。

人は神の言うことを聞くかが試されていたのです。

結果エバはヘビに誘惑されて試練に敗北しました。

アダムもエバに勧められて命令に背きました。

人は神に反抗するようになり。

人は神から離れた存在になってしまったのです。

地上では。

人は神が無いものとして世界を見渡し。

人は自分たちだけでやっていくようになりました。

それは生まれたての五歳児が父と母なしで生きていくという。

過酷な宿命を示していました。

いまも人は神なしでやっていけると信じています。

父と母を無視して中学生が独り立ちしようと必死になり。

自分は一人前であると主張しています。

これを続けている限り。

原罪は受け継がれ。

過酷な宿命を背負い続けていきます。


善悪とは?

エバとアダムは善悪の知識の木の実を食べてしまいましたが。

この時点で人は良いことと悪いことの定義をまだ知りません。

主から良いことと悪いことの意味を教えてもらっていません。

なので自分たちで良いことと悪いことを決めるしかありません。

神なしで決めました。

その結果。

善悪は多数決で決められ。

それを全員が盲信することによって。

成り立つようになります。

善悪により。

人が勝手に決めたルールが正しいとされ。

それに従うことになります。

善悪とは良いことと悪いことの定義を知らない人間が。

勝手に良いことと悪いことの定義を決めて。

それを正しいと見なしました。

個人には個人の考え方があり。

天の正しいことわりがある。

それを知らず。

無視して出来たルールが善悪なのです。

善悪が無いと知ると。

途端に世界が見えてきます。

愚かなルールから解放され。

個人は本当の自由を得る。

あなたも体験するかと思います。

善悪からの解放とは?

「あなたは愚かなことをしない限り自由なのです。」

この世は自然に成り立っているのです。

道徳は神聖なもの。

良いことと悪いことは道徳で判断できます。

道徳としてよいこととわるいことは何ですか?

これは解放です。