なんという空しさ。

なんという空しさ、すべては空しい。

太陽の下(もと)、人は労苦するが。

すべての労苦も何になろう。

一代過ぎればまた一代が起こり。

永遠に耐えるのは大地。

日は昇り、日は沈み。

あえぎ戻り、また昇る。

かつてあったことは、これからもあり。

かつて起こったことは、これからも起こる。

太陽の下、新しいものは何ひとつない。


コヘレトの言葉。

ソロモンが書いたとされる。

空しい人生だからこそ。

神と共に歩む尊さを説いております。

人生に疲れましたら。

コヘレトの言葉を胸に。

歩んでください。