攻撃方法。

パンチ。
突きからパンチを伸ばして打ちます。
勢いをつける打ち方とコンパクトに打つやり方があり。
シンプルが求められます。

突きは右左と打つ箇所をズラすと効果あり。
大きくはズラせません。

突き→反動で右回り肘打ち→反動で左回り肘打ち。
そのまま瞬発的にパンチ。

ジャブのち強打撃。
左でジャブ打ちのちストレート。

キックは外しやすいし避けられやすいので。
棒立ち相手にしか無理。
決まれば相手は戦意喪失。
適当に足に入れて牽制もあり。
下手なキックも威嚇攻撃には有効。

防御方法。

ガード中はガードしながら後ろへ下がれば再攻撃可能。
ガードを続けると距離が詰まって大変。

最後に取っ組み合いに持ち込む方法もあり。
取っ組み合いになったら手を集中狙いすること。
手を無力化して押さえれば勝てます。

スポーツ用に調整された格闘方法です。
サンドバックを攻撃してストレス発散や。
即席エアーサンドバック攻撃用。
空手をベースにスポーツ用とした為。
相手に攻撃することが可能ですが。
素人相手に優勢になるくらいで。
そんなに強い手法ではありません。