民主主義とは何でしょう。

わたしは。

命の権利を重視した社会だと思います。

すべての人には平等に命の権利があります。

その権利を憲法で保障しているのです。

政治家とは何でしょう。

彼らは神のしもべたちです。

政治家たちは国のために働いています。

王政の次に民主主義はやってきました。

これは歴史において正解なのです。

歴史が民主主義を認めています。

身分が高い人も低い人も同じ「人」ですから。

たぶん。

優劣で人を決めてしまう。

人を優劣で測っても、めもりが出なくて喚いているのでしょう。

人を量っても、めもりは出ません。

むかしは身分によって。

道理が分かる人物たちが豊富でした。

いまは。

政治の専門家たちが政治を行います。

政治の専門家ですから、道理を知っています。

よく、民主主義と言えば。

多数決と思われるかもしれませんが。

民の意見が尊重されるだけで。

政治は政治の専門家が行います。

実は、民主主義は。

ひとりひとりの意見は通りません。

全体的な意見で、道理にかなっていれば、受け入れられるのです。

民は道理が分かる人ばかりではないですから。

民主主義は優れたシステムというより。

良い点が多いのはご存知でしょうか。

街を歩けば、民主主義の良い点ばかりを発掘します。

民主主義は悪い点が少ないのです。

では。

民主主義とは勝手に作られたのでしょうか。

絶対にそんなことはありません。

人類も次の段階に入ったのです。

王政は終了しました。

王政は滅んだのではなく。

終了したのです。

次の段階に入ったからです。

王政は優れたシステムでしたが。

人類の発展のためには。

民の自由が必要なのです。

思うに。

民主主義は。

はじめから用意されていたのだと感じています。

民主主義は自由です。

わたしたちに与えられた自由です。

自由だからと言って。

なんでもしていいことはありません。

表現の自由を挙げても。

道徳的に、社会的によくない表現は。

罰則の対象になります。

愚かな意見を言っても。

聞き入れられません。

わたしたちは正しく民主主義を捉えて。

正しい目で民主主義を見つめ。

民主主義の理解を深め。

民主主義の正解に身を置きましょう。


おまけ。

民主主義の説明であるのが。

「民に主権があること。」

この意味を誰も知りません。

そのままの意味ではないからです。

民に主権があるという意味は。

事実を見ればよく分かります。

政治の場をよく見てください。

なんとなく分かるでしょう。

政治体系を見れば。

民に主権があること。

この意味が簡単に分かりますよ。

日本全体の政治体系。

民主主義全体の政治体系を見ることで。

民に主権があること。

この意味が見えてきます。

民主主義を正しく理解して。

民主主義に生きましょう。