現代アート探究室でございます。

作品は著作権法で尊守されておりますが。

現代アート探究の為にお借りしています。

あくまで画像を借用ですので著作権倫理に依存しております。


穂乃花「叫び。」

※ムンクの叫びとは比較対象にならないほど美しく。
※とてもおもしろいワンシーンであります。
※この「叫び」はムンクなど足元にも及びません。
※芸術的センス抜群ですね!


アリス「ノー金髪。」

※こちらもとても絵になるワンシーン。
※かわいいのに毒気がある爽やかな否定。
※きんいろモザイクは芸術的センス抜群!


出展:きんいろモザイク。

原作者:原悠衣。

まんがタイムきららMAX。

きんいろモザイク製作委員会(第1期)
ハロー!!きんいろモザイク
製作委員会(第2期)


アーシャのアトリエ。

株式会社:ガスト。

※詩的な音楽のサウンドトラック。
※美麗で自然派な曲は質が高く美的。


トトリのアトリエ。

株式会社:ガスト。

※楽しい音楽。
※一部に壮麗で時代を感じさせる美しい曲あり。


ベートーヴェン格言「音楽は芸術である。」

※音楽家は芸術家、これは正解。
※ベートーヴェンの音楽は芸術的。


ベートーヴェン「悲愴」(本物)

※甘美。
※これこそ芸術。
※音楽は芸術だと理解できる真の名作。



モーツァルトの音楽は楽しい。

ベートーヴェンの音楽は詩的。

J・Sバッハの音楽は壮大で美しい。

ショパンの音楽は酔狂。


けいおん!

ふわふわ時間。

※歌詞がふわふわしているのにレベルが高い!


魔法少女まどか☆マギカ。

Sis puella magica!

※幻想的。
※古代ギリシア語かもしれない。



太陽の塔。

どこか部族的な印象があるのは。

人類の本質は原始人だよ?

という見たまんまの感想を表現したもの。

部族と現代人をミックスしたデザインになっております。

所詮は現代人も原始的な部族なんです。

という感想を現した傑作。

国宝にしたほうがよろしい。



SNESキャプテン翼5「芸術的なドリブル。」

背景は「これからドリブルで描きます。」という無を現したもの。

実は「無」とはこの背景のこと。

まだ何も描いていないので。

これからドリブルで描くんです。

キャンパスに実在する無が見て取れます。

論理的に「無」とはこのことだと知ってしまう作品。



ピカソは人が二重に見えているようです。

相手が内心なにを思っているか。

それが分かってしまったり。

それを探りたがったり。

人の心を見てモザイクになった。

それがこの一枚。



泣く女。

ピカソは。

人が何を思っているか当てようとして。

感情をごちゃ混ぜにして解釈した。

この絵は人の心を知ろうとした結果です。

人の心はモザイクですねぇ。

まるでこの世界のようです。



ピカソ「人生。」

これはお見事。

人生のすべてを一枚に抑えた素晴らしい絵ですね!

人生とはこの絵を見れば分かります。

なんて随分とネガティブな絵ですよー。

人生を悲観した絵なんです。


解説。

左。
男と女が結ばれてくっつきます。
女は夫を求めて男は外を求めます。

右。
最後には赤子を産んで女は母になって。
年老いて終わります。

真ん中の絵。
上は人生とは夫婦になるだけだという感想。
下は人生とは苦悩に満ちているという感想。

これはネガティブで悲観的な絵なので。
真に受けないほうがよろしい。




ゴッホのひまわり。

芸術家の視点から見ると。

まず工夫が無い。

模写しただけで芸術性がありません。

「美術家の生徒が描いた絵です」なんて紹介されたら。

うっかり信じてしまうほど。

センスが無い画家は風景や対象をコピーするだけなので。

画像と同格なんです。

名ばかりの作品で。

見かけ倒しもいいところ。

芸術家からして見れば。

特に称賛すべき点はありませんでした。




芸術家からして見れば。

どこがいいのか分かりません。

花瓶の花を人間コピー機で模写しただけでは?

ゴッホもそうだけど。

名前を無効化すると過大評価に気づきますが。

芸術家からして見ればこの作品に何億の価値がつくとか。

理解できませんでした。