愚かなものならなんでも罪になります。


愚かな行為すべてが罪になります。


愚かな言動も罪になります。


愚かな行為のみ裁かれ罪になります。


人の法律が及ばない方法で刑罰があります。


人の法律が神に裁かれ罰せられることもあります。


神様に裁いて貰えば全知全能。


神様に罪を告白しておけば。

全知全能に裁かれます。

罪があると思うのなら。

さっさと告白すると。

その結果で知らされます。


犯した愚行は10年で返ってきます。


罪は本人が気づかない手法で罰せられます。

罪人は自分が受けた災難を罰だと気付けません。


罪はいくら目の前の問題を処理しても。

また次が発生します。

災難は悔い改めるまで。

次から次へと発生します。


いくら罪人でも神が許可する範囲内でしか攻撃してはいけません。


神が許可する範囲なら仕返しは成功する。

神に届け出れば反撃を公認して貰えます。

神の言う通りにすればやり返せますし成功します。


誰もが自分を正当化しているので。

罪から逃げて反抗ばかりします。


愚か者が誰かを罰すると。

愚か者に罪が入ります。


愚かな方法で誰かを咎めると。

咎めた者に大きな罪が入る。


罪は自然に裁かれるべきもの。


資格の無い者がひとを裁けば。

その愚者は最後には誰かに裁かれる。


裁判官は裁判官の形を保っていれば。

犯罪者を裁いても良い。


正式な資格を持つ者は誰かを裁いても良い。

キリスト教の懺悔が該当する。


正式な手続きをして。

敵兵を殺害する行為は愚行では決して無い。


兵士であるのに。

敵兵を倒さなかったら。

愚かでしょう。

正式な手続きを得て戦場に出ている兵士に。

神は戦いなさいと諭すでしょう。


時代を創るために戦場に出向いたのに。

敵兵を倒さなかったら。

時代を創ることから逃げる道徳違反でしょうに。


戦争は決闘ですので罪が入らないように出来ています。


兵士は敵兵を殺害することを許可されています。


司法は神より犯罪者を裁くことを許可されています。


社会の敵に対し公正に犯罪者を裁く。

これは正しい行為です。

社会の敵を処罰すれば社会を守ることができます。

弁護士は公正な裁判を進める為に居ます。

人権と公正で正しく裁かれる為に必要なのが弁護士で。

弁護士は偽善者役ではありません。


人を裁いてはなりません。

自分も裁かれることになります。

人を裁かず。

人の裁きを神に任せる者は。

裁かれることがありません。


人を裁けば自分も裁かれる。

これは法則。

この世の仕組み。


人が人を裁くのは限界がある。


人が人を裁いた結末は悪。

裁判官の資格が無いので。

公正さがありません。

人を裁いているうちに。

どんどん暴力的になり。

悪になって暴力を肯定し。

正当化してしまいます。


やられた分と同じ分をやり返すと。

必ず成功します。

1.5倍にして返しなさい。

それは必ず成功します。


やられた分と同じ分だけ返しなさい。


それが本当に自衛であれば。

いかなる罪にも問われない。


罪は常時その者を苦しめる。


時節が来ると罪が一気に吹き出る。


罪滅ぼしをしない態度を示し続けると。

存在を削除されることがある。


罪は定期的に吹き出る。


愚行への仕返しは愚行ではない。


動物に意味も無く危害を加えても愚行に入る。


動物虐待は愚行。


食肉は問題無い。

狩りなども問題ない。

食用などきちんとした理由があって動物を殺すことは愚行では無い。

仕方がなくイヌネコを葬る保健所は罪にはならない。


咎人は意味不明に苦しむ義務があり。

実際に理由もなく苦しんでいる。


罪人はささいなことで取り乱す。

罪人は小さなことで錯乱する。

聖書「罪人は小さな物音でも怖じ気づく。」


罪人同士がやり合うと。

両者に罪が入る。

罪人同士は相討ちになる。


自然な刑罰を妨害すると天罰が下る。


自然な刑罰を乗っ取って自分勝手に罰すると重罪になる。


罪を計算して実行すると二倍の罰がある。


贖罪をする者は正式に裁かれる。

正式な裁きがある。


偽神が勝手に裁判を乗っ取る場合が多い。

偽神に裁かれないように神に伝えるべし。


偽神が裁かないように神に伝えるべし。


善悪は道徳ではありません。


別の愚行。

神の道徳違反でも罪は発生するので。

道徳を否定してはいけません。


例えば。

女性が子供を作って暮らすだけで満足したら?

「自分は子供だけいればいいので進化なんてしません。」という態度ですので。

いずれ罰せられます。

そんな愚かな態度を示すと罰則の対象になります。


罪が重いと原因不明の体調不良で寝たきりもあります。


現在泰平に暮らしている人は罪が無いのです。


進化に無頓着であっても。

愚かな態度となります。


向上心が無いのも罰則の対象になります。


愚かな態度を証明すると愚行になります。



咎人観察日記。

罪人は常に悪いほうに追い込まれる。

いちいちハメられて。

それに憤慨したり文句を言う事になる。

本人も謎の誤解や勘違いを連発するので。

さらに現状が悪化する。

常に悪いほうに追い込まれるので。

バカな行動もしてしまいがちで。

罪に洗脳されて本人も周囲の人も誤解や勘違いを連発。

ワナにもかなりの頻度でハマっては。

注意してきた人に悪口を言ったりする。

罪が本人をダメ人間に仕立て上げる。

自分のやったことで自分の罪に追い込まれて。

ハメられる様子はしょうもない。


罪人観察日記。

咎人は罪によってダメ人間に追いやられるので。

一生ハメ殺されます。

ダメ人間というレッテルを張られて。

酷い仕打ちを受け続け。

本人もダメ人間にさせられているので。

反発しますが。

反発してもハメられるだけです。

罪とは恐ろしいものですね。



罪人観察日記。

咎人は根本的に人間のゴミですが。

自分の犯した罪によってゴミになったので。

罪人とはああいうものです。

人間のゴミをやらされて。

一生苦しみで生きていきます。


罪人観察日記。

罪人は自分の犯した罪にハメられて。

ゴミ人間になります。


罪とは?

愚かな態度を示す。

愚かな言動をする。

愚かな行動をする。

愚かな行為をする。

によって犯す。


人が人を裁くのは限界がある。


正当な裁きには優しさが見つかる。

不当な裁きには残酷さが見つかる。


罪を裁くのは神である。


罪を背負ったら。

その罪を懺悔し。

贖罪しない限り。

罪が贖われることは無い。

自分の罪を認めなかったら。

永遠に罪を背負ったまま。

刑罰を受けても罪を償ったことにならない。

刑罰は罪を懺悔しない限り永続する。


本人が自分の罪を認めなければ。

処罰はいつまでも続きます。

甘くは無い。

ひとを苦しめておいて。

知らないうちに償われるなんて。

甘いことは無い。


罪人はその罪に翻弄され。

他人を巻き込んだり。

自分に貶められて苦しむ。

でも。

それが正解。

かわいそうとかじゃなくて。

それでいい。

それで正解。


誰でも罪を持っています。

知らないうちに道徳を侵害して。

その程度に応じた罪を持って苦しんでいます。

自分で苦しみを選んだのです。


偶像が罪を犯すと。

家の運気から代償が支払われ。

あまりに酷いと。

最後に家が所有する土地が手に入ります。

対価が釣り合うようになります。


愚行を犯すとまず最初に運気を失います。

罪人の運気はゼロなので。

何をやっても実を結びませんし。

自力で脱出するしかありません。


我々はいまだ神の法を知らないワケですから。

知らないうちに神の法を侵害するワケです。

そして処罰されるのです。


我々は神の法の上に善悪というルールを敷いて。

勝手放題にやっているワケです。

そうすると知らずに愚行を犯すワケです。

神の法の上に善悪というルールを敷くこと自体が愚行ですので。

知らないうちに神の法を侵害して罰せられているワケです。

知らないうちに法を犯して罪を背負う。

罪とはそういう積み重ねで大罪にまでなります。


罪は自然に任せておけば。

適切に裁かれます。

他者でも誰でも。

自然に丸投げしておけば。

本当の意味で公正に裁かれ処罰されます。

ひとの目では罪の裁きは見えづらく。

知らないところで当人は罰を受けています。

本当に知らないところで。

知らないうちに。

天罰は降りているのです。

本人が自分の罪を認めなければ。

処罰はいつまでも続きます。


記憶に無い?

でも心当たりならあるでしょ?


正式な裁きは言葉にならない。

言葉にできない。




罪からの救いを求めるのなら。

イエスを頼ってください。

自ら十字架を背負い。

罪人だと自覚しているのなら。

イエスを頼ってくださいね。

イエスは正しき者のために居るのではなく。

罪人のために居るのです。

イエスに祈りを捧げ。

「イエスよ、私を罪から救いたまえ」と願いましょ。

イエスは人神ですので。

必ずあなたを救ってくださいます。




神様に正式な裁きをお願いすると幸多かれ。

「正当な裁き」だと正当化できてしまうので。

「正式な裁き」を依頼しましょ。

正式な裁きは罪があるから罰。

というものではありません。

神の正式な裁きは信じられないもので。

人が理解できるものではないのです。

「正式な裁き」が神に属しています。



神棚にメモ紙で。

「私のすべての復讐を神の怒りに任せました。」と提出。

後は任せておけば愚者に雷が落ちる。

虫の知らせで雷が落ちたのが分かる。

事が成就するまで神棚から降ろさないこと。

神社に同じ旨を伝えても幸多かれ。



罪。

愚行と言うと信じられないかもしれませんが。

むかしはいまのような豊かな道徳が育っておりません。

西暦500年とか西暦1200頃の道徳水準はかなり低いですよ。

道徳という概念が中々見つからないような世界なら。

誰でも愚行を犯す機会はあるのです。

いまでは信じられない話なんですよー。


神の法を守っていれば。

自分によって。

誰も傷つけず。

誰も痛めつけず。

誰も苦しませず。

誰にも辛い思いをさせず。

誰にも迷惑をかけずに済む。


罪とは神の意志。

神意に背くことである。

神の意志を裏切り。

それを無視することである。

神の想いを踏みにじることである。


泰平に暮らしている人は。

罪が微々たるもの。

全員が罪人ではないのです。


罪人は罪に翻弄され。

自分に振り回される。

時に他人を巻き込み。

さらなる愚行を犯す。

だけれど。

それでいいのでしょう。

過去自分がやったことで罪にもて遊ばれ。

苦しみと苦痛にまみれて叫びをあげる。

それは宿命。

さだめを背負った者を見なくていいのです。

その者の罪を憎んで人は憎まない。

これは道徳。

罪人はかわいそうとか哀れではありません。

さだめなのです。



記憶に無い?

もちろん身に覚えがない?

でも心当たりならあるでしょ?

過去生において。

攻撃心や敵意で行動した心当たりを。

探してみましょう。

心当たりがあり過ぎるでしょ。


正式な裁きを受けている者に対し。

精神でも肉体でも。

何かしらのダメージを与えると。

法則によって。

7倍になって攻撃者に返ってくる。

しかもかなりの短期間で謎の復讐に遇う。

何かが反撃を自動実行致します。

正式な裁きを妨害すると神の怒りを買う。


罪をすべて償うと。

神が解放してくれる。

現実を変更して物理的に救済してくれます。

豪華特典付きでおまけ盛りだくさん。


罪を憎んで人を憎まず。

これは道徳。


どうしてもというのなら。

罪だけ憎めば正解です。


他人を罪人だと見ないほうがいいのです。


罪は個人ごとに定められた期限までに。

罪を償わないと。

極刑にされます。

度合いが一日ごとに恐ろしくなっていき。

最後には極刑です。

期限があるのです。

罪は厳しいもの。


人ができる最大の断罪は。

「あなたには罪がある。」と伝えること。

伝達手段は問いません。


罪。

自分が原因で自分を貶める。


罪は自分が原因。


罪というより。

自分のせいでそうなる必然。


罪は自分のせいなので。

言葉にならないもの。


罪があるというより。

それはすべて自分が招いた。


自分のせいでそうなっただけ。

それが罪の正体。


罪人が苦しむのは。

罪のためではなく。

神がこの世に居る証明。


罪とは自分のせいで処罰される事案のこと。



罪を犯して罰を受ける。

それによって。

まともな人に立ち戻る。

その仕組みが罪である。

もちろんまともに戻れなかったら存在を削除されます。


この世界は神が統治していることを忘れてはいけません。


この世界は神が治めているので。

神の法を乱す人物は処罰されます。

それによって全員の幸福は守られているのです。


この世界は神が治めています。

それを知ることが神の法であり。

神の法を知ったあなたは優しいことに。

もはや悪行や愚行を犯すことができません。

そして誰も苦しめず。

悲しませることも。

誰かを不幸に貶めることも無いのです。


罪とは究極のエラートラップである。


罪とは神を侵害することです。