愚かなものならなんでも罪になります。


愚かな行為すべてが罪になります。


愚かな言動も罪になります。


愚かな行為のみ裁かれ罪になります。


人の法律が及ばない方法で刑罰があります。


人の法律が神に裁かれ罰せられることもあります。


誰もが自分を正当化しているので。

罪から逃げて反抗ばかりします。


愚か者が誰かを罰すると。

愚か者に罪が入ります。


愚かな方法で誰かを咎めると。

咎めた者に大きな罪が入る。


罪は自然に裁かれるべきもの。


資格の無い者がひとを裁けば。

その愚者は最後には誰かに裁かれる。


裁判官は裁判官の形を保っていれば。

犯罪者を裁いても良い。


正式な資格を持つ者は誰かを裁いても良い。

キリスト教の懺悔が該当する。


正式な手続きをして。

敵兵を殺害する行為は愚行では決して無い。


それが本当に自衛であれば。

いかなる罪にも問われない。


罪は常時その者を苦しめる。


時節が来ると罪が一気に吹き出る。


罪滅ぼしをしない態度を示し続けると。

存在を削除されることがある。


罪は定期的に吹き出る。


愚行への仕返しは愚行ではない。


動物に意味も無く危害を加えても愚行に入る。


動物虐待は愚行。


食肉は問題無い。

狩りなども問題ない。

食用などきちんとした理由があって動物を殺すことは愚行では無い。

仕方がなくイヌネコを葬る保健所は罪にはならない。


咎人は意味不明に苦しむ義務があり。

実際に理由もなく苦しんでいる。


罪人はささいなことで取り乱す。

罪人は小さなことで錯乱する。

聖書「罪人は小さな物音でも怖じ気づく。」


罪人同士がやり合うと。

両者に罪が入る。

罪人同士は相討ちになる。


自然な刑罰を妨害すると天罰が下る。


自然な刑罰を乗っ取って自分勝手に罰すると重罪になる。


罪を計算して実行すると二倍の罰がある。


贖罪をする者は正式に裁かれる。

正式な裁きがある。


偽神が勝手に裁判を乗っ取る場合が多い。

偽神に裁かれないように神に伝えるべし。


偽神が裁かないように神に伝えるべし。


善悪は道徳ではありません。


別の愚行。

神の道徳違反でも罪は発生するので。

道徳を否定してはいけません。


例えば。

女性が子供を作って暮らすだけで満足したら?

「自分は子供だけいればいいので進化なんてしません。」という態度ですので。

いずれ罰せられます。

そんな愚かな態度を示すと罰則の対象になります。


進化に無頓着であっても。

愚かな態度となります。


向上心が無いのも罰則の対象になります。


愚かな態度を証明すると愚行になります。


罪とは?

愚かな態度を示す。

愚かな言動をする。

愚かな行動をする。

愚かな行為をする。

によって犯す。


正当な裁きには優しさが見つかる。

不当な裁きには残酷さが見つかる。


罪を裁くのは神である。


罪を背負ったら。

その罪を懺悔し。

贖罪しない限り。

罪が贖われることは無い。

自分の罪を認めなかったら。

永遠に罪を背負ったまま。

刑罰を受けても罪を償ったことにならない。

刑罰は罪を懺悔しない限り永続する。


本人が自分の罪を認めなければ。

処罰はいつまでも続きます。

甘くは無い。

ひとを苦しめておいて。

知らないうちに償われるなんて。

甘いことは無い。


誰でも罪を持っています。

知らないうちに道徳を侵害して。

その程度に応じた罪を持って苦しんでいます。

自分で苦しみを選んだのです。


我々はいまだ神の法を知らないワケですから。

知らないうちに神の法を侵害するワケです。

そして処罰されるのです。


我々は神の法の上に善悪というルールを敷いて。

勝手放題にやっているワケです。

そうすると知らずに愚行を犯すワケです。

神の法の上に善悪というルールを敷くこと自体が愚行ですので。

知らないうちに神の法を侵害して罰せられているワケです。

知らないうちに法を犯して罪を背負う。

罪とはそういう積み重ねで大罪にまでなります。


罪は自然に任せておけば。

適切に裁かれます。

他者でも誰でも。

自然に丸投げしておけば。

本当の意味で公正に裁かれ処罰されます。

ひとの目では罪の裁きは見えづらく。

知らないところで当人は罰を受けています。

本当に知らないところで。

知らないうちに。

天罰は降りているのです。

本人が自分の罪を認めなければ。

処罰はいつまでも続きます。




罪からの救いを求めるのなら。

イエスを頼ってください。

自ら十字架を背負い。

罪人だと自覚しているのなら。

イエスを頼ってくださいね。

イエスは正しき者のために居るのではなく。

罪人のために居るのです。

イエスに祈りを捧げ。

「イエスよ、私を罪から救いたまえ」と願いましょ。

イエスは人神ですので。

必ずあなたを救ってくださいます。




神様に正式な裁きをお願いすると幸多かれ。

「正当な裁き」だと正当化できてしまうので。

「正式な裁き」を依頼しましょ。

正式な裁きは罪があるから罰。

というものではありません。

神の正式な裁きは信じられないもので。

人が理解できるものではないのです。

「正式な裁き」が神に属しています。



神棚にメモ紙で。

「私のすべての復讐を神の怒りに任せました。」と提出。

後は任せておけば愚者に雷が落ちる。

虫の知らせで雷が落ちたのが分かる。

事が成就するまで神棚から降ろさないこと。

神社に同じ旨を伝えても幸多かれ。



罪。

愚行と言うと信じられないかもしれませんが。

むかしはいまのような豊かな道徳が育っておりません。

西暦500年とか西暦1200頃の道徳水準はかなり低いですよ。

道徳という概念が中々見つからないような世界なら。

誰でも愚行を犯す機会はあるのです。

いまでは信じられない話なんですよー。


神の法を守っていれば。

自分によって。

誰も傷つけず。

誰も痛めつけず。

誰も苦しませず。

誰にも辛い思いをさせず。

誰にも迷惑をかけずに済む。


罪とは神の意志。

神意に背くことである。

神の意志を裏切り。

それを無視することである。

神の想いを踏みにじることである。